林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
黒木書店の最後を見届けた..
by sumus2013 at 19:50
「ほんの手帖」51号のご..
by 大島なえ at 19:10
毎週通ってますので(笑)..
by sumus2013 at 17:34
前の持ち主の方から画像の..
by sumus2013 at 17:31
誰の手に渡ったのだろうか..
by 唐澤平吉 at 12:49
御教示ありがとうございます。
by sumus2013 at 17:37
淀野の色紙が出品されてい..
by 牛津 at 03:59
草書はやはり難しいです。..
by sumus2013 at 21:04
読み下しありがとうござい..
by epokhe at 12:16
明けましておめでとうござ..
by sumus2013 at 20:08
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


f0307792_11323382.jpg

本日、京都市内も雪もよい、ということでこちらの短冊を取り出して見た。状態は悪いが(その分、安いです)、手はそこそこ、時代は…料紙からみて幕末までくらいは遡るのでは? よく分かりませんが。

    雪

  白ゆきを花とめてしハかく斗(はかり)
  つもらぬ程の心なりけり 晟流

一応、このように読んでおく。晟流が誰なのかは分からない。綺麗な花みたいだなと思ったのは、こんなに雪が積もらないうちだよ、くらいの訳でどうだろう。花は梅花だろう。「つもる」は「見積もる、見くびる」の意で、ふつう雪は「積む」のようにも思うが、本居宣長に「山家雪」と題して次のような歌もある。

  人待ちし心も消えて山里は道もなきほどつもるしら雪

  都にもけふは積もらむ山里は軒端をかけて埋む白雪

似たところもあるのでは……、ならば国学者だろうか。御教示を。



*****



淀野隆三の著作権保護期間が過ぎた。ということで、早速「青空文庫」に「思ひ出づるまゝに」がアップロードされている。

青空文庫 思ひ出づるまゝに

淀野に目をつけたとは、なかなかの趣味だ。じつは親本(筑摩版梶井全集別巻)の底本『嶽水会雑誌』については以前ブログに書いておいたのだが、それを見て、一月ほど前、今回入力された方より問い合せがあった。底本のデータを確かめたいと。淀野の資料は郷里なので、すぐにどうこうできず、全く申し訳なかったのではあるが、調べてみると日本近代文学館に所蔵されていることが分かって、その旨をお伝えした。直接そちらで確認を取られたようだ。

嶽水会雑誌/coto19

もう一件、今年は高校野球大会100回目(第一回は一九一五年だから中止3回ということか)だそうだ。そこで淀野隆三と高校野球の関係を調べたい、という新聞記者氏から、昨年末に連絡をもらった。これもまた大したお手伝いはできなかったのだが(淀野資料は手許に置かないとだめですねえ)、かなり熱心に取材をされて、本日掲載された筈である。まだ、見ていないが。

[PR]
by sumus2013 | 2018-01-03 20:42 | 雲遅空想美術館 | Comments(4)
Commented by epokhe at 2018-01-03 18:31 x
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
こちらの短冊、中々解読できません。どのような和歌か教えていただけないでしょうか。
「雪 白ゆきを○○てしは かく計 つもらぬ程の心なりけり 晟○」と読んでみました。
Commented by sumus2013 at 2018-01-03 20:08
明けましておめでとうございます。色々検索してもなかなか分かりませんねえ。
Commented by epokhe at 2018-01-09 12:16 x
読み下しありがとうございます。「花」の字が難しいですね。
「花」と「と」を左右に並べて書くのも不思議です。今の時期にふさわしい歌ありがとうございます。
Commented by sumus2013 at 2018-01-09 21:04
草書はやはり難しいです。今後も折りに触れてアップしてみたいと思います。
<< 近代日本〈本棚〉史 Livre de chasse >>