林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


人間の街パリ

f0307792_19474975.jpg

小生のパリ好きを知っている方より田村泰次郎『人間の街パリ』(大日本雄弁会講談社、一九五七年七月一〇日)を頂戴した。深謝です。表紙の油画は田村筆。口絵写真も、多数挿入されているパリのスケッチも著者の手になる。田村は絵心があり、元々「現代画廊」を開いたのはこの田村泰次郎だった。洲之内徹はそこで働いていた。田村が商売を止めるときに画廊を受け継いだのである。

f0307792_19475130.jpg
「モンパルナスの筆者」と説明文がついているが、モンマルトルの間違い。


書かれている内容はおおむね昭和二十七年と三十一年の体験談。スケッチのサインは1956になっている。

パリには、いま、常時四百名ほども、日本人がいるそうだ。そのうち、大使館関係の者が、家族もふくめて、五十名くらいで、そのほかは、画家、彫刻家が百名ほど、音楽、文学、その他の勉強に来ている留学生が約五十名、デザイナァや、料理などの研究にきている者が、五十名以上、あとは、旅行者や、短期滞在者というわけだ。

在住日本人は協力し合わない、と田村は言う。その理由は金を持っていないからにちがいない、と。

戦前のように、円がフランに対して、絶対的優位を誇っていた時代と、戦後の今日とでは、同じくらいの金を持ってきても、大変なちがいである。公定では、一ドルが三百六十円に対して、三百五十フランであるが、闇相場では、一ドルが四百二十円前後に対して、三百九十フラン前後というところで、円の方が弱い。

1ドル360円のレートは昭和二十四年から。当時もちょっとした日本ブームだったようだ。

パリでただ一軒の日本料理屋「ぼたん屋」は、スキヤキを喰べにくる外人で、連日満員である。日本の一流のスキヤキ屋で喰わせるスキヤキの味には及ばないが、五年前に喰べた味よりは長足の進歩をとげている。

ただ一軒だったとは・・・ブームといってもラーメン屋1000軒(日本人以外の経営も多い)と言われる今日のブームとは少し違っていたよようである。

f0307792_19475478.jpg
キャフェ「クーポール」


なかに「小石拾い」というエッセイがあって、これには驚かされた。昔からみんなやっていたんだ。

近頃、パリの一部の日本人画家たちのあいだに流行(?)しているのは、パリの路上の小石拾いである。パリのところどころに敷いてある小石は、メノウ質でその割れ口のさまざまの多彩な縞目や模様は、マチエール重視の現代絵画とかよいあうものがある。

《佐藤敬画伯にいわせると、パリの小石拾いは「おれが最初だ」というが、同じく在仏五年の土橋醇一画伯にいわせると、「いや、おれが小石を拾いはじめたときは、まだ佐藤さんはそんなつまらないものをという顔をしていたよ」といっている。》

そういう私自身も、その採集マニアの一人だが、病みつきになると、これほどたのしいものはない。いまに、パリからのお土産は、小石ばかりということにもなりかねないほど、この流行(?)は全盛である。

はは、小生も拾ってました。ほんとに美しいものである。


あれこれ引用していてはキリがないが、もうひとつ、志賀直哉と梅原龍三郎が事故に遭った話を。

志賀さんが、梅原龍三郎、浜田庄司、柳宗悦さんたちと、ヨーロッパへ行かれたのは、二十七年五月下旬だったと思う。私は一週間ほどおくれて、ヨーロッパへ旅立った。
 パリへ着いた翌日、同行の小松清、丸岡明、それに同宿の平林たい子、福沢一郎の諸氏と、挨拶に出掛けた大使館の応接間で志賀さんたちにお眼にかかった。

《それから、またパリに帰って、しばらくしたある日、私は大使館で前日志賀さんと梅原さんとが、シャルトルへ行こうとして、モンパルナスの駅へ行く途中、乗ったタクシイがバスと衝突して、負傷されたということを聞いた。》

その翌日、私は、同宿の小松清、堂本印象さんたちと、志賀さんたちの泊っていられるセーヌ河畔のオテル・ド・ケイドルセイへ、見舞いに行った。
 志賀さんはご自分の部屋で、梅原さんと一しょに、朝食のパンを喰べておられるところだった。高田博厚さんがきていて、お二人と話していた。さすがに、お二人とも、その異国での衝突事件には、かなりなショックを受けていられるようであった。話のなかにもそのことがうかがえた。梅原さんは、眉と眉のあいだの鼻のつけ根に、絆創膏のようなものを貼りつけていられたし、志賀さんも、まぶたのあたりにかすり傷を受けていられたように思う。
 「不思議に、眼鏡がこわれなかったのでよかった。こいつがこわれていたら、きっと眼をやられていたにちがいないよ」
 志賀さんのそういう言葉には溌剌とした実感が籠っていた。

志賀直哉はイギリスで体調をくずしていたこともあり、この数日後に帰国したという。志賀は六十九歳を過ぎていた。

[PR]
by sumus2013 | 2017-12-02 20:54 | 古書日録 | Comments(0)
<< はしだのりひこさん 岡崎和郎 - HISASHI >>