林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


辻邦生 パリの隠者

f0307792_20143772.jpg
辻邦生、高輪自宅の書斎


「辻邦生ーーパリの隠者 TSUJI Kunio : Un anachorète à Paris」展が昨年(二〇一六)、ストラスブール大学とパリの日本文化館にて開催された。本月、恵比寿の日仏会館でも再現されたそうである。その図録とチラシを頂戴した。辻邦生はほとんど読んでいないが、湯川さんの処女出版だということで以前取り上げたことがある。

辻邦生『北の岬』(湯川書房、一九六九年二月二八日)

f0307792_20143524.jpg

同展図録(学習院大学史料館辻邦生小委員会、二〇一六年一一月一日、デザイン=人見久美子)。パリの「辻邦生ゆかりの地」がホテル住まいも含めて詳しく紹介されているのは非常に興味ぶかい。一九五七年にフランス政府保護留学生として渡仏して以来、転々としているが、一九五八年から六一年までまる三年間はカンパーニュ・プルミエール街8bis のアパルトマンに滞在した。その後何度かの巴里滞在を経て晩年(一九八〇年から一九九九年歿年)はデカルト街37番地に部屋を確保して何度も往復していたようだ。

マン・レイ歩きその一

アンリ四世校〜デカルト通り

昭和三十二年、美術史を専攻していた妻佐保子がフランス政府給費留学生となり、辻も私費留学生としてともにフランスに渡った。彼等が乗船したフランス郵便船カンボージュ号には岩崎力、平岡篤頼、加賀乙彦らも乗っていた。加賀と辻はとくに親しくなった。十月九日、マルセイユからパリのリヨン駅へ降り立った。

石造りの彫りの深い端正は町並みに、不思議と長く住んでいた場所に戻ってきたような気持を感じ「自分が本来生れるべき都市[まち]はここだったのではないか」とまで語っている。
しばらくはホテルを転々としていたが、ようやくモンパルナスのカンパーニュ・プルミエール街8番地に僧院に似た〈隠れ家〉を見つけ、国立図書館と往復しながら、本を繙き、ペンを走らせ続ける生活が始まる。
小説と正面から向き合い、ひたすら文学の可能性を摸索したパリでの日々が〈小説家〉としての骨格を形成したと言っても過言ではないだろう。》(冨田ゆり「辻邦生ーーパリで生き、パリで書く」)

高輪の書斎の写真は日仏会館ギャラリーでの展示チラシより。図録の略年譜によれば一九七一年(四十五歳)に港区高輪のマンションに転居している。

[PR]
by sumus2013 | 2017-11-20 20:47 | 古書日録 | Comments(0)
<< 以文 ネーデルラント旅日記 >>