林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


阪急古書のまち

f0307792_20480273.jpg

阪急古書のまちが移転してから、まだ一度も足を向けていなかった。もう一年にもなるのだが・・・。本日、久々に大阪へ所用で出かけたので、ちょっとのぞいてみた。ご覧のように白木のショーウィンドウが並ぶ姿に目をみはった。

阪急古書のまち お引っ越し(毎日新聞)


f0307792_20480734.jpg


せっかくだから何か買いたいなと思って、あちこちのぞいて、というわけではなく、梁山泊だけのぞいて、文庫本棚から何冊か。そのうちの一冊がこちらダニエル・ブアスティン『本はいつごろから作られたか 大発見4』(鈴木主悦・野中邦子訳、集英社文庫、一九九一年九月二五日)。マーカーで線引きあり、100円。

f0307792_20481145.jpg

この冒頭「第三部自然(承前)」は植物誌・動物誌についての記述である。そのなかに、先日このブログでも触れたヒエロニムス・ボックについて、このように書かれていた。

ドイツ植物学第三の父ヒエロニムス・ボック(一四九八〜一五五四年)は、ある意味ではさらに異彩を放っている。最初は、ドイツ国内の自分の住む地方に生育する植物をギリシアやラテン名と照合しようとしたボックは、さらに一歩を進めて、著書『新植物誌』(一五三九年)で、家の近くで見られるすべての植物を自在に描写したうえ、土地の植物を土地の言葉で記述するという、かつてない新しい課題ととりくんだ。

彼らの植物学上の教義は、ルター派の教義にも似て、二律背反的であった。神聖なるディオスコリデスの浄化された原文にたちかえっていった一方で、彼らはルター派の人びとの聖書と同様、植物学研究を市井の言語に翻訳したのである。

なるほど、アルブレヒト・デューラー(1472-1528)の緻密な植物写生画は、ボックの植物研究と同様に、ルターの精神に基づいたものだったのだ!

ヒエロニムス・ボックの『Kreutterbuch』

[PR]
by sumus2013 | 2017-11-17 21:08 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 岩田和彦 at 2017-11-22 11:29 x
うわー、これがあのカッパ横丁ですか、何だが別物ですね。隔世の感有りですね。杉本梁江堂もありますよね⁈
以前は大阪出張の時必ず寄っていたに。
次回は必ず寄りたいですね
Commented by sumus2013 at 2017-11-22 17:39
そうなんですよ! ビックリしました。ぜひ寄ってくださいね。
<< 紅葉小禽 Salvator Mundi >>