林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


編む人

f0307792_20030566.jpg

南陀楼綾繁『編む人 ちいさな本から生まれたもの』(ビレッジプレス、二〇一七年一一月一二日)

大学を卒業して、なんとなく足を踏み入れた出版の世界。
 はじめは大学院に受かるまでのつなぎのつもりだったが、いつの間にか、こっちの方が面白くなって、いまに至る。
 めざして入った世界ではないからか、いまだにプロの編集者なりライターだという自覚を持てないでいる。その分、やじうま根性は旺盛で、仕事にかこつけて、それまで読者として接してきた書き手や編集者に会いに行った。
 本書は、そうやってお会いした人たちとの対話の記録だ。》(はじめに)

その人たちとは、小西昌幸、竹熊健太郎、堀内恭、村元武、大竹昭子、本間健彦、牧野伊三夫、小林弘樹、山崎範子の各氏。かなり濃〜いメンツである。だから面白い。『ぐるり』『雲遊天下』に掲載されたインタビューのなかから出版に関するものを集め、谷根千工房の山崎さんのお話を加えてまとめられている。

こんな素敵で刺激的な〈編む人〉がいるうちは、「出版業界」が行きづまったとしても、「出版」という行為にはまだまだ可能性はあるはずだ。




[PR]
by sumus2013 | 2017-11-14 20:23 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< Tu ne sais pas ... 子を負うて釣する人や秋の雲 >>