林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


子を負うて釣する人や秋の雲

f0307792_20040818.jpg


1週間ほど郷里の讃岐に戻っていた。本の整理と古家の補修でクタクタ。もうそんなに古本を残しているつもりはなかった、のだが、片付け始めるとまだまだ数だけはある。値打ちモノがあればいいんですけどねえ・・・・

讃岐うどんは満喫してきた。古本屋もないので、食べるのだけが楽しみ。下の写真はマルタツと言う最近できた店のざるうどん。

東かがわ マルタツ 手打ちうどん


f0307792_20035715.jpg

本日のタイトルに掲げた俳句。吉岡実『うまやはし日記』(書肆山田、一九九〇年四月一五日)より。昭和十四年十一月十二日に以下のようにある。

快晴。手帖と『山家集』を持って、東武線に乗り郊外へ出る。小菅刑務所が青空の下に淋しく見えた。西新井大師に参り、土産物屋の間を歩く。気ままに田の草の道を行く。小川のほとりに鶺鴒がいる。花車を引いた田舎の人とすれちがったり。風もなく、赤とんぼが夥しくとんでいた。水門のところに腰をおろし、「手帖」に句を書きつける。

[PR]
by sumus2013 | 2017-11-13 20:25 | うどん県あれこれ | Comments(4)
Commented by 小林一郎 at 2017-11-13 22:58 x
吉岡実の俳句、しみじみと読みました。
秋も深まり、というより、日によっては初冬の陽気。
ときに、拙サイトは今月末に開設15周年を迎えます。
記念にちょっと大きめに企画を用意しています。
吉岡実詩の読者に喜んでもらえますかどうか。
小生も本や書類(コピー)の整理を志しつつ、
忙しさにかまけて手が付きません。
Commented by sumus2013 at 2017-11-14 08:06
15周年おめでとうございます! 誰にでもできることではありません。見事なお仕事です。

この俳句、東京も少し郊外へ出るとまだまだこんな風景だったんですねえ。驚かされます。
Commented by 大島なえ at 2017-11-16 12:36 x
「うまやはし日記」持ってました。しみじみと秋の日を感じる
良い句ですね。ずっとパソコンが壊れてネットできずで
久々にブログ散歩しています。無ければ無いでそれも良い
んですが結局、買ってしまいました。
 秋雨に行くところなく古書めぐり
Commented by sumus2013 at 2017-11-16 13:22
うちのPCも古くなってきたので、そろそろかな、と思ってはいますが・・・壊れると困りますねえ。
 浮かれ均一 傘忘れけり
<< 編む人 英和対訳字引 >>