林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第41回秋の古本まつり

f0307792_19121245.jpg

今年は参加できるかどうか微妙だったのだが、予定が変わって、例年のように初日参戦することができた。もう、本がどうこうよりも、参加することに意義があると言う感じです。例によって臨川書店で寄り道、扉野氏と季村さんに遇う。昨年はここでちょっと珍しい紙モノを買ったのだが、今年は特になし、と言いつつ二冊ほど。

f0307792_19125150.jpg


f0307792_19122123.jpg

例によって雑和本の箱の前に並ぶ。すでに四人の先客、ビニールが開くのを待っている。三人さんは中国の方。もう一人は昨年も顔を合わせたお方。ビニールが開かれるとさらに五人くらいが取り付いてきて、もうてんやわんやの状態になる。こちらもめぼしいものは抱え込んで後で吟味の態勢にならざるを得ない。皆が皆、掘り返し、掘り返ししてもうグチャグチャである。三十分もしたらやっと人がまばらになった。和本に群がってくるのは半数以上が中国の方々であった。こちらは最後まで粘って人がいなくなってから、ゆっくりと残った全てのクズ和本を手にとって調べ直す。今年は漢詩集が一冊もなかった。これは寂しい。それでも端本ながらやや見所のある徳川時代及び明治の写本などを数冊手に入れることができた。何となくこれで一安心、気が抜けた。

f0307792_19123237.jpg

f0307792_19124343.jpg
後はぶらぶら。スタンプ2000円分でクリアファイルがもらえると言うのでなんとか達成して本部で受け取っていたらヨゾラ舎さんとバッタリ。床几に座って雑談していると、善行堂が飯を食うと言うのでいつものメンバーと進々堂へ。ヨゾラ舎の自虐ネタで盛り上がる。何とかしようよ、ヨゾラ舎さん!

[PR]
by sumus2013 | 2017-11-01 19:35 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 牛津 at 2017-11-02 23:51 x
夕方、店じまい寸前に参戦。
これだけの猛者が通った後でも、まだ綺羅星のような本が残っていたというのは、古書という海が広くて深い証拠でしょうか。
Commented by sumus2013 at 2017-11-03 07:49
百人百冊、千人千冊のお宝本がありますね!
<< 四季草 青空と古本まつり永遠にあり >>