林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


海ねこ/青猫

f0307792_19460898.jpg


海ねこさんより最新目録届く。《スイス、ウィーンで買い付けてきた絵本、大正・昭和初期の絵雑誌などなど、新蒐品735点を掲載しました。》とのこと。いつものことながらフルカラーの書影が素晴らしい。めくっているだけで目の保養になる。でも、めくるだけじゃねえ……何か注文したい。

古本海ねこ

f0307792_19461196.jpg

しばらく前になるが、某氏が青猫書房の目録を整理したファイルを送ってくれた。七冊。上の写真に写っているファイルでは、B5判の用紙に裏表印刷で十四枚(二十八頁、未綴)という形式になっている。並んでいる本も見応え十分ながら、店主のエッセイ「青猫愛書閑話」が読みモノである。各地の古書店などをセドリして歩く様子を淡々と描いているなかに、自ずからなる喜怒哀楽がうかがえる。古書好きなら激しく同感するに違いない。一例を。第252号(平成十五年二月一日)より。

渡辺順三の大地堂書店は下北沢に在って、それと知らずに何度も店舗を覗いた。もう30年以上の以前の話だが、店の雑然とした佇まいはしっかり覚えている。間口4間の奥行きの少ない店で、壁三方は書棚だが、日暮里の鶉屋書店がそうだったように中棚を作らず、中央が平台になっていた。恐らく万引き警戒の死角を作らない配置なのだろうが、平台から山積みの本が溢れ、店舗の半分はどうしようもない雑本で埋まっていた。初めて見る詩集や歌集がふんだんに在って、此処の主人は何物だろうと疑問を抱いた。月に1度は草臥れた背広を着込んだ中年男たちがひとり二人と店主に挨拶して奥に消えていった。その光景が何とも不思議で仲間でない寂しさを覚えたものだが、それは単に同好の楽しみ、歌会を開いていたに過ぎなかった。

この後につづく渋谷・中村書店の回想もいいのだが、それは省く。大地堂書店については山下武『古書の味覚』(青弓社、一九九三年)にも出ているので参考までに引用しておく。

ぼくが下北沢の大地堂に足を運んだのは昭和三十年代前半からで、たまたま下北沢が通勤電車の道筋にあるためだった。下北沢というのは妙な町で、古本屋は何軒かあるにもかかわらず、これといった買い物をした記憶がない。
 丸井の先を行くと、古ぼけたという形容がまさにピッタリはまる古本屋があり、中年過ぎた夫婦が交替で店番していた。それが大地堂だった。店の棚は雑然として、値付けはマアマアだが、目を引くような本がない。時代がまだ高度成長期のこととて戦前の本が結構多く、プロレタリア文学関係の本が目についた。林氏が「戦旗」に作品を発表した詩人の仁木二郎と知ったのは後年のことである。何やら一癖ありげな風貌ながら、そのころはもう古本屋のオヤジが板につき、「何かお探しの本でもありますか」などと気軽に話かけてくる。
「黒島傳治の『豚群』を探してます」と返辞したことから、以来、大地堂へ寄るたび「『豚群』は見つかりましたか?」と聞かれるのに閉口した。

文中「林氏」とあるのは林二郎氏で『日本古書通信』に大地堂の開店から閉店までの経緯を書いていたそうだ。それを読んでの回想である。同じ店について書いても、それぞれ目の付け所が違っているのが一入面白い。



[PR]
by sumus2013 | 2017-10-17 20:35 | 古書日録 | Comments(0)
<< 躍るミシン 平凡社/全国書房 >>