林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


平野甲賀と晶文社展

f0307792_19203509.jpg

京都市の右京中央図書館へ寄ったついでに「平野甲賀と晶文社展」へ。われながら意外なことに初めての訪問。立派な施設である。

京都dddギャラリー第214回企画展
平野甲賀と晶文社展
2017年09月04日(月)~2017年10月24日(火)

上面が斜めになった平台に晶文社本がズラリ。600冊。なかなか壮観である。自由に手に取って本を見て良いということで、あれこれ、物色。持っていたというのも多数あるし、めったにお目にかかれない貴重書もある。エンピツ書きの値段がないのが寂しい(苦笑)。晶文社の所蔵本なのだろうか、「見本」というハンコが多くの本に捺されていた。これは最近では見られない習慣だと思う。

『出版事典』(出版ニュース社、一九七一年)によると「見本」にはいろいろな意味合いのものがあるが、ふつうは発行直前に予約注文用または見込み注文用に取次に対して提出される「実物見本」のこと。取次はこれによって仕入れ部数を決めるのだそうだ。そして

見本品にはすべて〈見本〉印をおすことになっている

なるほど、そういうことだったか。

壁面には甲賀文字でレイアウトされた刷物(描き文字)がズラリと並ぶ。自由自在な文字が、まさに躍って目を楽しませてくれた(1点35,000円で購入できるようだ)。

以下のリンクはこれまで拙ブログで紹介してきた平野甲賀さんの装幀本。こんなにあったか!

津野海太郎『花森安治伝 日本の暮しをかえた男』(新潮文庫、二〇一六年)

小沢信男『捨身なひと』(晶文社、二〇一三年)

津野海太郎『花森安治伝 日本の暮しをかえた男』(新潮社、二〇一三年)

『平野甲賀の仕事 1964-2013 展』(武蔵野美術大学美術館・図書館、二〇一三年)

内堀弘『古本の時間』(晶文社、二〇一三年)

五木寛之『わが心のスペイン』(晶文社、一九七二年)

渡辺英綱『新宿ゴールデン街』(晶文社、一九八六年)

ピエール・ガスカール『街の草』(篠田浩一郎訳、晶文社、一九六九年)

坂崎重盛『東京読書ー少々造園的心情による』(晶文社、二〇〇七年)

平野甲賀『もじを描く』(編集グループ〈SURE〉、二〇〇六年)

晶文社の犀のマーク

唐澤平吉『花森安治の編集室』(晶文社、一九九七年)

小野二郎『紅茶を受皿で』(晶文社、一九八二年六刷)

『植草甚一スクラップ・ブック全四十一巻』(晶文社、一九七六年)

『植草甚一主義』(美術出版社、一九七八年)

[PR]
by sumus2013 | 2017-10-09 20:02 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)
<< BOOK ART 2017展 ありがとう、立誠小学校 >>