林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雪舟!?!?

f0307792_20230488.jpg


やはり画廊へ自転車で向う途中、ちょいと立ち寄った古書店の店頭にこんな本が出ていた。昨日の今日で、ま、こんな偶然はよくあること。金沢弘『ブック・オブ・ブックス 日本の美術14 雪舟』(小学館、一九七六年一二月一日)。近年開催された大々的な雪舟展の図録も持っていたのだが、引越しのときに処分してしまい、ちょっと古いがちょうどいいやと買い求めた。百円。

ここには昨日の再発見とされる雪舟と同じシリーズの団扇絵が七点掲載されている。そのうちの四点を掲げる。

f0307792_20230883.jpg
f0307792_20231315.jpg
f0307792_20231982.jpg
f0307792_20232526.jpg


これらはすべて重要文化財に指定されている。だから間違いなく雪舟だとも思えないが、まあ、雪舟と推定していいレベルには達している。このシリーズの延長に昨日の再発見の団扇絵があるわけだ。しかしこうやって較べてみると、再発見の方は構図がなってない。絵の重心が右下の岩にかかりすぎていて不安定だ(本書掲載図版では「倣牧谿山水図」がややこれに近い)。もちろん、夏珪を模写したと断り書きがあるのだから、元絵が悪いのだと言えばそれまでにしても、上の四点、とくに夏の二点(キュビスムのような構成)と較べると、よほど凡庸で落ち着きが悪い。遠景の薄い山並みも平板である。

……雪舟だって傑作ばかり描いたわけではもちろんなかろう。こういう印象批評はなんの足しにもならない。足しにはならないが、ファースト・インプレッションがばかにできないのも本当のところ。科学的に絵具なり用紙なりを分析して、少なくとも、同時代であることを証明しなければならないだろう。

雪舟にもお猿さんの絵「猿猴図屏風」(ボストン美術館)があった。下は本書より部分。

f0307792_21020938.jpg



[PR]
by sumus2013 | 2017-09-21 21:06 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 大人の時間 子どもの時間 雪舟!? >>