林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


田端人 第三輯

f0307792_21000920.jpg

矢部登『田端人』第三輯(春から秋へ。二〇一七)をいただく。いよいよ純で粋な冊子へと昇華されてきた。今回の登場人物もシブイ。

王子の街道ぞいにある古本屋へたちより、高田浪吉の随筆集『紅炎記』にめぐりあう。昭和十八年にでた染みだらけの裸本。》(あさがほの露)

田端の谷田川のほとりに太田水穂は住む。大正八年七月から昭和十四年三月まで。それいぜんは小石川三軒町に。夫人は歌人の四賀光子。》(掃溜の鶴)

戦後でた潮音叢書の一巻に沼波美代子の歌集『塵にまみれて』がある。著者は沼波瓊音の次女。名付け親は国木田独歩。瓊音は国文学者で俳人。「俳味」を主宰し、家での句会の席に物心ついた子どもたちもすわらせて、俳句のてほどきをする。瓊音が亡くなって四年後の昭和六年。沼波美代子は子どものころから知る太田水穂の潮音に入社。二十二歳であった。》(同前)

内田義郎は吉田一穂を師とする。四册の詩集がある。》(無限の人)

内田義郎詩集から引用された「風」という詩には「風立ちぬ」の引用があってこころ惹かれた。直訳調である。なお内田義郎(よしを)は六十五歳で義寶(ぎほう)と改名し、義朗(よしお)と号したそうだ。

ーー風が立つ。生きることを試みねばならぬ。(ヴァレリイ)(同前)

この翻訳については「聖家族」(http://sumus.exblog.jp/20092039/)を参照されたし。

田端駅の裏口から不動坂の階段をのぼる。
 高台通りの与楽寺坂へおりる角に煙草屋がある。
 そこで煙草を買うと、耕治人「若き日の芥川龍之介」を思い出す。》(朝顔の花)

……とこのつづきがまたいいのだ。古本屋を巡り、こういう麗しい冊子を悠々と作っておられる矢部さんの日常を憶わずにはいられない。それは羨望でもあり、ある種の安堵でもある。

『田端人』第一輯(二〇一六年八月)

[PR]
by sumus2013 | 2017-09-17 21:26 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 河口から III 小さき夢みし >>