林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


それから

f0307792_19371075.jpg

夏目漱石『それから』(日本近代文学館、一九八二年二月一日六刷)読了。原本は春陽堂から明治四十三年一月一日に発行されている。四十二年の六月から十月にかけて東京・大阪朝日新聞連載。

これもずっと前に文庫本か縮刷本で読んだ記憶がある。ただ通読して覚えていたのは画家の青木繁がチラリと登場するところ、犬の名前「ヘクター」(その頃、小説や随筆に登場する犬の名前をコレクションしていた)、そして学校時代の友人が地方へ戻って地主になりだんだんと書物から離れて行く様を描いたくだり、この三ヶ所だけで、ストーリーなど全く忘却の彼方だった。

主人公はいい年をして親に金をもらって何もしないでぶらぶら暮している代助(『三四郎』の広田先生が言う新しい若者たちの一人か)。彼が東京をあちこち歩いたり電車や俥に乗ったりしてウロウロする描写にひとつ読みどころがあるかもしれない(パリ市内をむやみに歩くネルヴァル『オーレリア』を連想させる)。要するに新しいモラルや職業観を持つ"新人類"を描いたということなのだが、ただ、それ以外は何もないに等しい三文恋愛小説で、これで当時の読者は満足したのだろうか? 

連載は大逆事件のちょうど一年前である。本文中にも次のようなくだりがある。平岡は主人公・代助の親友だった男。会社勤めをしくじって新聞社に入った。

平岡はそれから、幸徳秋水と云ふ社会主義の人を、政府がどんなに恐れてゐるかと云ふ事を話した。幸徳秋水の家の前と後に巡査が二三人宛晝夜張番をしてゐる。一時は天幕[テント]を張つて、其中から覗[うかが]つてゐた。秋水が外出すると、巡査が後を付ける。萬一見失ひでもしやうものなら非常な事件になる。今本郷に現はれた、今神田へ來たと、夫[それ]から夫へと電話が掛つて東京市中大騒ぎである。新宿警察署では秋水一人の為に月々百圓使つてゐる。

当時の政府におけるこの過敏さが大逆事件の下地であることは間違いない。それはそうとして古本屋が登場しているので、そこだけ引用しておこう。父親から仕送りを止められることを覚悟した代助が金策としてまず思いついたのが洋書を売り払うことだった。

りに神田へ廻つて、買ひつけの古本屋に、賣拂ひたい書物があるから、見に來てくれろと頼んだ。

ところがそのすぐ後で嫂から小切手が送られて来た。とりあえずひと安心。

牛込見附を這入つて、飯田町を抜けて、九段下へ出て、昨日寄つた古本屋迄來て、
 「昨日不要の本を取りに來て呉れと頼んで置いたが、少し都合があつて見合せる事にしたから、其積もりで」と斷つた。歸りには、暑さが餘り酷かつたので、電車で飯田橋へ廻つて、それから揚場を筋違ひに毘沙門前に出た。

『三四郎』の次に書かれた小説のようだが、『三四郎』のノンキさは後退し、かなり自然主義的にシリアスになっている。島崎藤村の『破戒』(明治三十九年出版)から影響を受けたと思ってほぼ間違いないだろう。文中に森田草平の『煤煙』も登場しているが(「それから」の直前の朝日新聞連載小説だった)、何か意識するものがあったのかもしれない。

[PR]
by sumus2013 | 2017-09-05 20:38 | 古書日録 | Comments(0)
<< 放香堂 老子道徳経 >>