林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


檸檬

f0307792_20012995.jpg

梶井基次郎『檸檬』(発行者=折原カズヒロ、二〇一七年八月四日、装画=日野洋子、装丁=石間淳、本体造本=石間淳)。これは「梶井基次郎「檸檬」装丁展」(OPA gallery)において企画制作された一冊である。日野洋子さんの装幀になる。「檸檬」の他に「愛撫」「桜の樹の下には」「冬の蠅」「ある崖上の感情」が収められている。合計八組の装幀グループ(デザイナー+イラストレーター)がそれらの作品を思い思いの意匠で飾った。

梶井基次郎「檸檬」装丁展
2017年8月4日(金)ー 8月9日(水)
OPA gallery


f0307792_20012395.jpg


本体造本は共通して石間淳作。アンカットかと思いきや、カットされていない内側は全頁レモン色、いや、これには感服した。レモンっぽい雰囲気を十二分に出している。

本ブログでは『檸檬』については何度か言及しているので今日は何も書かないが、

梶井基次郎『檸檬』(武蔵野書院、一九三一年)

「「檸檬」を挿話とする断片」

今、本書をあちこち拾い読んでいるとつぎのようなくだりが目に留まった。「ある崖上の感情」より。ある蒸し暑い夏の宵、山ノ手のとあるカフエで二人の青年が話をしている。

あっはっは。いや、僕はさっきその崖の上から僕の部屋の窓が見えると言ったでしょう。僕の窓は崖の近くにあって、僕の部屋からはもう崖ばかりしか見えないんです。僕はよくそこから崖路を通る人を注意して見ているんですが、元来めったに人の通らない路で、通る人があったって、全く僕みたいにそこでながい間町を見ているというような人は決してありません。実際僕みたいな男はよくよくの閑人なんだ」
「ちょっと君、そのレコード止してくれない」聴き手の方の青年はウエイトレスがまたかけはじめた「キャラバン」の方を向いてそう言った。
「僕はあのジャッズというやつが大嫌いなんだ。厭だと思い出すととても堪らない」
 黙ってウエイトレスは蓄音器をとめた。

「キャラバン」! 先日ここに書いた映画「セッション」でこの「キャラバン」がなかなか重要な役割を担っていたので、梶井の時代にも山ノ手のカフェで鳴っていたのか……と思ってちょっと感慨をもよおした(?)。

Duke Ellington - Caravan

[PR]
by sumus2013 | 2017-08-09 20:45 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 古河力作の生涯 暗黒街の群狼 >>