林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


旅する巨人

f0307792_19261233.jpg

佐野眞一『旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三』(文藝春秋、一九九七年二月一五日二刷、装丁=坂田政則)読了。平安神宮の東側にあるブックスヘリング、やっと店頭の均一台にいい本を出し始めた。一冊三百円(二冊なら五百円)という感じ。その気になればできるじゃない、と喜んで二冊ほど買ったうちの一冊がこれ。佐野氏には『spin05』で海文堂書店でのトークを掲載させていただいたこともある(その日の二次会をご一緒しました)。このトークのなかでも宮本常一の発見について語っておられる。

spin05

「宮本常一と渋沢敬三」とあるように本書は宮本にとっては恩人(パトロン)であった渋沢敬三の事蹟についても十二分に触れられており、渋沢栄一の孫として生まれたプレッシャーのなか敬三が大きな人物へと成長する過程にも読み応えがある。宮本が活字になった初めての本『周防大島を中心としたる海の生活誌』(アチック・ミューゼアム彙報、一九三六年三月)を出してから二人の行き来は頻繁になったという。そのとき渋沢は宮本にこう語った。宮本二十九、渋沢は四十だった。

大事なことは主流にならぬことだ。傍流でよく状況をみていくことだ。舞台で主役をつとめていると、多くのものを見落としてしまう。その見落とされたもののなかにこそ大切なものがある。それを見つけていくことだ。人の喜びを自分も本当に喜べるようになることだ。人がすぐれた仕事をしているとケチをつけるものも多いが、そういうことはどんな場合にもつつしまねばならぬ。また人の邪魔をしてはいけない。自分がその場で必要を認められないときは黙ってしかも人の気にならないようにそこにいることだ」
 渋沢の言葉は宮本の心に強くしみとおった。》(第三章 渋沢家の方へ)

またこうも諭したという。

日本の文化をつくりあげていったのは農民や漁民たちだ。その生活をつぶさに掘り起こしていかなければならない。多くの人が関心をもっているものを追求することも大切だが、人の見おとした世界や事象を見ていくことはもっと大切なことだ。それをやるには、君のような百姓の子が最もふさわしいし、意味のあることだと思う》(第七章 父の童謡)

これだけでも渋沢敬三がどういう人間だったか分ろうというもの。宮本の本質を見抜いてその道を示した、だけではなく、長年にわたって宮本を経済的にも援助し続けた(むろん宮本だけではなく様々な分野でパトロンとなっていたようだ)。

渋沢敬三は昭和十九年三月に第十六代日銀総裁に就任した。東条英機にサーベルで脅されて引き受けたとも書かれている。しかしこの時期すでに日銀総裁は何もできないポストになっていた。吉野俊彦『歴代日本銀行総裁論』ではこう批判されているという。

昭和二十年八月の終戦にいたるまで、従前どおり赤字国債を無制限に引きうけただけでなく、軍需融資のため必要とされた資金であって民間で調達しきれない分をこれまた無制限に日本銀行貸出の増加という形で供給しつづけたのである〉》(第九章 悲劇の総裁)

むろん政府や軍部の責任であって敬三個人ではどうしようもなかったことである(それにしても赤字国債を無制限に引き受けるというのは、いまの日銀もやっていることなんじゃないのかな?)。敬三は後年この記事を読んで実に悲し気な表情を浮かべこうつぶやいた。

僕はたしかにたいへんな罪をおかした。批判されるのは当然だ。だけど僕は日銀時代、一つだけいいことをしたつもりだ。日本を含めた東洋の貨幣のコレクションを日銀が買ったことだ。あれは将来、たいへんな日本の文化財になる。》(同前)

田中啓文の銭幣館コレクションを譲り受けたことを指す。買ったとあるが、寄贈されたようである。現在これは貨幣博物館に所蔵されている。

銭幣館コレクションと貨幣博物館の設立

コレクションを受入れただけではなく渋沢の意向で銭幣館で研究していた専門家・郡司勇夫もいっしょに雇ったという。占領下では郡司の交渉によって進駐軍による金銀貨の接収を免れた。さすが民俗学の大パトロンだっただけのことはある。コレクションとともにそれを守る「人」が大事だということを分っている。


[PR]
by sumus2013 | 2017-08-02 21:01 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by arz2bee at 2017-08-03 17:37 x
昔は四十歳の人がこういうことを言ったのですね。そういえば巨人と呼べる人も居なくなったような気がします。
Commented by sumus2013 at 2017-08-03 19:02
渋沢敬三は渋沢栄一という「超巨人」の孫で、しかも父は廃嫡になるという特別な環境で育ちました。栄一からのプレッシャーは想像を絶するものだったようです。普通なかなか四十歳くらいで言える言葉じゃないですよね。
<< 旅する巨人2 宮本常一コレクションガイド >>