林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


チ-ポ-ハ-のポスター展

f0307792_20013287.jpg
フランチシェク・スタロヴィエイスキイ 映画「聖ペーテルの傘」
ハンガリー、チェコスロヴァキア 1965頃


所用あって北山通方面へ出かけた。長めの待ち時間ができた。ふと思い出して、京都工芸繊維大学美術工芸資料館で開催されている「チェコ ポーランド ハンガリーのポスター展」(〜8月11日)を見た。

ポスターというのはひと目見れば分る……はずなのだが、ここに並んでいるポスターの多くはいったい何が言いたいのか、文字が読めればまた別の感想もあるのだろうが、とにかくパッと見ても意味が解らない。しかしそれらのデザインというか絵柄そのものはどれも非常に刺激的でいいなあと思うものが多かった。(ここに掲げたのはちらしから引用したので、実際にはもっと気に入った作品が他にたくさんありました)

ちらしの説明文によるとソ連の影響下にある社会主義体制では自由に芸術活動が行えなかった。そのため芸術家たちは

表現の場を求め、あるいは生活の糧を得る手段として、絵本やエディトリアルデザイン、演劇や映画、展覧会、コンサートなどの催しを告知する文化ポスターなどのグラフィックデザインの分野で活躍しました。社会主義体制下の国々では、資本主義国に見られる商業ポスターが存在せず、このような文化的なポスターなどの広告が著しく発達を遂げました。

ということである。文化ポスターなので意味不明でも不都合ではなかったのだ。いや、あるいは意味不明の方が都合がよかったのかもしれない。


f0307792_20012507.jpg
シラス・ジョーゾー 映画「ドン・ガブリエル」
ポーランド 1967


f0307792_20012800.jpg
コヴァーチ・ヴィルモシュ 映画「裸の羊飼い」
チェコスロヴァキア 1967


f0307792_20013006.jpg
マーテー・アンドラーシュ 映画「未亡人の花嫁たち」
ハンガリー 1964



f0307792_20013594.jpg
バログ・イシュトバーン 「バルトーク・ベラ記念コンサート」
ハンガリー 1966




f0307792_20375980.jpg


工芸資料館のちらしテーブル(各地の美術館その他で開催される催しのチラシをまとめて並べてある)で『ART FOR ALL 17』(トーキョー カルチャート by ビームス、二〇一七年六月三日)というフリーペーパーを手に取った。A4の紙をタテに半分に折り、それを四つに折って、裏表十六ページになるようにレイアウトしてある。裏面は開いて見る形で、デザイナー・映画監督のマイク・ミルズのインタビューおよび東京を撮った写真作品(すべて iPhone で撮影)を掲載。表面は表紙(イラスト=マイク・ミルズ)、ディスクガイド二頁、奥付一頁、そして「どうして人はアートを買うのか」第十七回というインタビューが四頁。

「どうして人はアートを買うのか」は渡紀子という人(深川にあるショップ『watari』店主)が無名の作家の絵を買うことについて語っている。文中2枚とあるのは「佐藤正實」および「Seiji F.」とサインの入っている二枚の油絵のこと。

ーー普通は誰が描いたかってわりと大事に思いますよね?
 ああ、でも感じがいいなと思って買っただけなので。有名な人の絵や版画も買ってはいるんです。柚木沙弥郎さんとか畦地梅太郎さんとか。あとセリーナ・ミトニク=ミラー。
ーーこの2枚は、いまどこに飾っていますか?
 ふたつとも自宅に。わりと静かな感じのものが好きなので、畦地さんとかもずいぶん前に買ったし、値段はぜんぜん違うけど、自分の中では同じような感じですね。家にあるものはだいたいそういう感じです。
ーーちなみにおいくらだったんですか?
 2枚で3千円でした。思ったより安かったです。でも、おまけしてくれたのかもしれません。
ーー誰のかわからないけど、調べる気もないというところをもう少しうかがいたいな。どんな人だったんだろうとか、ぜんぜん気にならない?
 気にならないです。もともと有名だから買いたいというのはないんです。

では柚木や畦地の絵を買う時はどうですか? と問われてこう渡さんは答えている。

畦地さんの絵がすごくいいなと思って買うのって、畦地さんという名前も知っているから、それを欲しいなというのがある。そうじゃなきゃ、高い値段を出して買わないですし。ただ、買う時の動機はちょっと違うかもしれないけれど、絵が自分の家に来ると同列というか、いや同列とは言えないか、まあ同じような感じになります。

小生も最近は無名人の絵を買うことがしばしばあるので(とにかく無名というだけでむやみに安い、だから贋作があふれるのだ、有名作家のサインさえあればそれなりの値段を付けられる)渡さんの意見には素直にうなずける。絵を買うって楽しいよ。

[PR]
by sumus2013 | 2017-07-31 21:16 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< ジャンヌ・モロー誄 日常学事始・人生散歩術 >>