林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


詩草

f0307792_18574950.jpg

菊池蘭蔵藁『詩草 岐山木蘇先生批』。久し振りの漢詩集、というか詩稿を入手した(三月の三宅三郎(半聾)『片仮名付百人一詩次韻集』以来

木蘇岐山は大正五年歿、美濃の人。名は牧、字は自牧、別号に三壺軒主人、五千巻堂主人。晩年には大阪毎日新聞の詩欄を担当した。

菊池蘭蔵については『ふるさとの人物』(珠洲市、一九六八年)に略伝が出ている。ほぼ独学の人のようだが、なかなか面白い生涯を送ったようである。

f0307792_18575132.jpg


f0307792_18575338.jpg


f0307792_18575521.jpg

菊池蘭蔵は日清戦争に従軍したそうだから、上の「攻撃平壌之夜」「題裘」から「従王師於冰雪中墮武敏」「二月四日」「招魂」と続く諸篇はその時期に作られたのか。伝によれば戦地から郷里に送った詩稿を

木曾岐山(漢詩をよくした画家)に見せたところ、支那の大家の物したものだろうといってきかなかったという。

とあるが、もしこのノートの朱が岐山によるものと考えるなら、はたくさん付いているものの添削も甚だしいので、そこまで礼賛したものかどうか。

f0307792_18580110.jpg

「回文」と題された作があり《円転滑脱、如珠走盤、是為回文正躰/丁酉夏七月初二》と達筆の朱が入っている。丁酉は明治三十年。とすれば日清戦争(明治二十七、二十八)から三十年までの間に作られたノートということになるのであろう。

f0307792_18580442.jpg

「名 鼎」と「字 子〓[タン;髪のたれさがるさま]」と題された七言絶句。自分自身の幼少を歌ったと思われる。とすれば《壬戌予生海隅》の「壬戌」は文久二年(一八六二)である。明治三十年には三十五歳ということになる。伝には六十で歿したとあるので歿年は一九二二年(数えなら一九二一年か)。

[PR]
by sumus2013 | 2017-07-29 20:16 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 中嶋康博 at 2017-07-31 17:13 x
不遇なりに、すべきことを自ら定めて、成し遂げて、しかも報われなかった、かういふ人を隠れた人と呼んでよいものか判りませんが、小説の主人公にもなりさうな、実に数奇な人生を送られた人のやうですね。
Commented by sumus2013 at 2017-07-31 19:39
まさにおっしゃる通りと思います。こういう無名の異才に注目して欲しいものです。
<< 日常学事始・人生散歩術 紫水晶第13号 >>