林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


紫水晶第13号

f0307792_20320788.jpg

佐々木桔梗発行の書物誌『紫水晶』第十三号(プレス・ビブリオマーヌ、一九六三年十二月)を頂戴した。頂戴してばかりで恐縮、深謝です。中綴じ十二頁。本文は手漉和紙(耳付楮紙)、活版刷(仁川堂川橋得三郎)、図版は別刷り貼り込み。限定130部。特集「愛書巴里・東京」と題して発行者架蔵の珍書を紹介している。ジャン・コクトオのデッサン集『おかしな夫婦 DRÔLE DE MÉNAGE』、神戸で発行されたシュルレアリスム詩誌『海盤車[ヒトデ]L'ÉTOILE DE MER』の「ポオル・エリュアール頌」(一九三二年)。近岡善次郎の『唖の画家 PEINTRE MUET』(私家版、一九五九年)、都筑道夫・真鍋博『クレオパトラの眼』(朝日出版、一九六一年)など。他に八木福次郎「荷風本二、三」の寄稿もある。

ここまで自慢できるほどの本は持っていないけれど、ちょっとこの真似をして粋な冊子を作ってみたいな、と思わせる一冊である。

f0307792_20320903.jpg


f0307792_20321189.jpg
f0307792_20444034.jpg

巻末「アメチスト・サロン」という雑報欄がまた興味深い。

熱田図書館で松尾禎三コレクションの「ぼく東綺譚展」/みちのく豆本から斎藤磯雄『ふらんす詩選』/水曜荘主人酒井徳男『蕎麦猪口版画集』/宮崎大学図書館で山下イワオのコレクション「一字題名本展」開催/花柳章太郎『わたしのたんす』(三月書房)/関西ライカクラブの機関誌『LEICA CLUB KANSAI』/池田満寿夫個展(日本橋画廊)パンフレット/北川冬彦詩集『蟇仙人』限定版/庄司浅水『わが愛書の記』限定版(帖面舎)……などなど。

池田満寿夫個展パンフレットに瀧口修造が寄せた詩「朝食のときから始まる池田満寿夫についての言葉」を著者は引用している(最後の部分だけ)。ネット上には出ていないようなので引き写しておく。ただし小生が適当と思うところで改行した。

………かれは鳥である。
ちょうど壁の前に降りるように
金属板の上に降りてきた鳥である
かれが鳥に似ているって?
私は似ていることを望みたい、すくなくとも。
ある行為をする鳥。恋をする鳥。ふたたび恋をする鳥。
あなたであり、私であり、同時に私たちの前にいる画家であるMであり、Iである鳥


f0307792_20321658.jpg

奥付のカットは北園克衛だそうだ。

[PR]
by sumus2013 | 2017-07-28 21:42 | 古書日録 | Comments(0)
<< 詩草 テニスの仕方 >>