林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


テニスの仕方

f0307792_16335143.jpg

針重敬喜『硬球・軟球 テニスの仕方 アルス婦人叢書』(アルス、一九二四年八月一五日)を頂戴した。深謝です。これは意外な珍本かもしれない。

著者の針重敬喜(1885-1952)は山形生れ、米沢中から早稲田大学英文科に入り本格的にテニスを始めた。卒業後、読売、東京日日を経て明治四十五年に押川春浪の武侠世界社に入社。押川亡き後は実質上の社主を務めた。大正十二年に退社しテニス雑誌『ローンテニス』を発行。日本庭球協会の理事・顧問。プレーヤーとしても活躍。画家の小杉放庵とダブルスを組んだという(以上ウィキを要約)。とすれば本書は武侠世界社を辞めた直ぐ後に執筆した本ということになる。

f0307792_16335498.jpg


f0307792_16335700.jpg

アルス婦人叢書だから巻頭口絵には女子選手の写真が掲載されている。テニスの歴史にはまったく不案内なのでこころもとないが、羽仁は自由学園の羽仁説子、梶川は女子の草分け梶川久子かと思う(本書には名字だけしか記されていない)。また一番多く九枚の写真が使われている黒井選手は大正十三年の第一回全日本女子選手権で優勝した学習院の黒井梯子であろう。当時の花形だった。それにしてもこのスカートの長さ……

学習院大学硬式庭球部 部の歴史

f0307792_16340077.jpg

男子では熊谷選手(熊谷一弥、大正九年アントワープ五輪で銀メダルを獲得=日本スポーツ界初のオリンピック・メダル)と福田選手(福田雅之助、大正十一年全日本選手権初代の覇者)のプレー写真が掲載されている。

テニスは最初英国で創められたものであります。只今のものとは様式が違つて居りますが、それが時を経るに従つて現在のものゝやうに変つて来たのであります。日本に伝はつたのは明治十二年頃とも云ひ、十八九年頃とも云ひ、伝へた方は東京高等師範の教授でもう故人となられた坪井玄道氏とも云はれ、又他に二三の人が数へられますが、判然した事は解りません。何れにしましても早くから東京高師、並に今の一ツ橋の商科大学(元の東京高商)などに広く行はれ、それから慶應、早稲田、各種専門学校から各地方の学校に行はれるやうになり、更に個人、倶楽部などにも流行するやうになりまして、現在では都鄙到る所行はれない所は無い位普及して居ります。》(テニスの大要)

日本へのテニス伝来(日本テニス協会)

本書の奥付に見える発行所住所は東京市小石川区表町一〇九番地。アルス婦人叢書」は大正十二年に創められ昭和三年刊までは確認できる第三篇『新しい編物』(大正十二年五月十日発行)奥付に記された住所は京橋区尾張町新地五号である。

アルスは大正十一年三崎町通りの割烹学校の二階にあったと柴田宵曲が書いているらしいが、それは当時のアルスの奥付によると神田区中猿楽町十五番地で、大正十一年の中頃(?)にはそこから銀座尾張町に引っ越したと思われる。そして関東大震災によって小石川へ移転した。

検索してみると中猿楽町十五番地は日東通信社所有の建物だった。それを大正十年七月に日華学会が購入している。三階を借りていた東京割烹学校は移転を余儀なくされたらしい(日華学会第五回報告)。アルスについてこの報告書には書かれていないようだが、さて?

f0307792_16340480.jpg


f0307792_16340653.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2017-07-27 20:50 | 古書日録 | Comments(0)
<< 紫水晶第13号 働く人 >>