林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第51回造本装幀コンクール

f0307792_20555164.jpg

「花森安治装釘集成」が、第51回造本装幀コンクール日本書籍出版協会理事長賞(専門書=人文社会科学書・自然科学書等=部門)を受賞しました。とりいそぎ、ご報告いたします。


[PR]
by sumus2013 | 2017-07-26 17:35 | 装幀=林哲夫 | Comments(2)
Commented by 唐澤平吉 at 2017-07-27 10:34 x
おめでとうございます。
『筑摩書影の森』につづいての受賞で、まことに慶賀に存じます。本書制作に林さんが加わってくださり、尽力していただけたこと、小生光栄に存じ、あらためて喜びを感じています。ありがとうございました。
値も張りますし、専門書に類しますから、飛ぶように売れることはむつかしいのでしょう。しかし、出版史にのこせる資料価値がありますから、版元みずのわ出版には焦らず地道に販促してほしいものです。
林さんのブログ読者は、本の愛好者のみならず美術関連のおしごとをしている方も多いように見受けられます。おりにつけ本書を宣伝していただければ幸甚です。何卒よろしくお願いいた
します。
Commented by sumus2013 at 2017-07-27 13:58
唐澤様はじめみなさまのお蔭です。何より柳原氏の粘りには執念のようなものを感じました。版元の勲章だと思います。
<< 岩淵龍太郎先生を偲んで 開店いたしました! >>