林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新訳ステファヌ・マラルメ詩集

f0307792_19510114.jpg


京都に戻って間もなく柏倉康夫『新訳ステファヌ・マラルメ詩集』(私家版、百部限定、二〇一七年六月三〇日)が届いた。すでに紹介したようにキンドル版で読めるとしても、やはり紙の触感やインクの匂いを嗅ぎながら詩行をたどるのはこの上ない喜びである。詳しい内容、入手方法などはウラゲツ☆ブログをどうぞ。

注目新刊:柏倉康夫訳『新訳 ステファヌ・マラルメ詩集』私家版、ほか

そしてまたこれはマラルメ詩集としては異風な体裁である。表紙デザイン・題字は古内都氏。表装の専門家とのこと。表紙の文字を拾い出してググッてみるとどうやら『資治通鑑』(十一世紀の初めに中国で編纂された編年体の歴史書)の「唐紀」のあたりだと見当がついた。たぶんマラルメとは直接の関係はないと思うが、意表を衝いたアイデアである。

これまでも柏倉先生によって翻訳されたマラルメの詩集は何冊も読ませていただいた。非常に明晰かつ明快な訳文で十二分に練れた日本語になっているのだが、そうではあっても、そこに意味を辿ろうとすると、やはり難物である。

「賽の一振り…」

「牧神の午後 田園詩」

それではと、フランス語版(たまたま百円で買ったプレイヤード版マラルメ集を架蔵している)を取り出して併読してみたが、これは普通のフランス語ではなく、まったく歯が立たない。

もう途中からは、意味だとか詩人の作意などは忘れて、単語の連鎖が引き起こす視覚的な連想を楽しもうというふうに態度を変えてみた。すると、それはそれなりに楽しめるのである。ギュスターヴ・モロー(1826-1898)の絵画世界を感じさせる作品も少なくない(十六歳上のモローとマラルメの歿年は同じ)。

あるいは、ブランクーシ。まったく両者の間には関係は認められないと思うのだが(世代も違う)、そう思いつつも結びつけたくなるのが次のソネットの一部。「いくつかのソネット」より「ーー汚れなく、生気にあふれ、美しい今日は」の第三連。

 空間を否定する鳥に空間が科す
 この白い苦悩を伸ばした頸をふって追い払っても、
 羽を捉えられた大地への恐怖は打ち消せない。

これは見事な訳文である。原文はこちら。

 Tout son col secouera cette blanche agonie
 Par l'espace infligé à l'oiseau qui le nie,
 Mais non l'horreur du sol où le plumage est pris.

鳥というのは二連目に出ている白鳥(cygne)。この《空間を否定する鳥に空間が科す》という文言はどうしてもブランクーシの代表的な作品とも言える「空間の鳥 Oiseau dans l'espace」(一九二三年に初めて発表された)を連想させる。下の写真は今回のパリ行で撮影したアトリエ・ブランクーシのワンカット。石膏による「空間の鳥」が立ち並んでいた。

f0307792_20545699.jpg

一九二三年から以後二十年にもわたってブランクーシは「空間の鳥」にこだわり続け、大理石で六体、ブロンズで九体、そして数多くの石膏作を残したのだという(『BRANCUSI』ポンピドゥーでの回顧展図録、ガリマール、一九九五年)。「生涯をかけて飛翔の本質だけを探し求めてきた。飛翔(Le vol)、なんという幸福!」とブランクーシは語っていたとも。

鳥だと言われても鳥とは思えない形である。マラルメが虚無という深い淵を覗き込むようにフランス語を研ぎすませた、のと同じようにブランクーシはその飛翔の本質を磨きに磨いたのではあるまいか。むろんマラルメの意図とブランクーシの考えはまったく違った次元にあるのだろうが、それでも「空間の鳥」のキャプションにマラルメの詩句を添えてみたい誘惑に駆られる。

[PR]
by sumus2013 | 2017-07-22 21:18 | おすすめ本棚 | Comments(2)
Commented by monsieurk at 2017-07-23 22:06
『新訳ステファヌ・マラルメ詩集』を取り上げていただき、ありがとうございます。マラルメのソネからブランクーシの彫刻を連想されたとのこと、啓発されました。三島市在住の越沼正さんも、氏のブログ「閑人亭日録」(7月13日)で、訳詩からさまざまな日本の詩歌を連想したと、具体的に書いてくださいました。こうした受容のされ方こそ訳者冥利につきます。柏倉
Commented by sumus2013 at 2017-07-24 08:06
全く幼稚な感想でお恥ずかしい次第です。よくぞこれほどの日本語に置き換えられたと、僭越にもほどがありますが、ただ感嘆しつつ読ませていただきました。深謝いたします。
<< 石原輝雄●初期写真 わたしのかふか >>