林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新編 左川ちか詩集 前奏曲

f0307792_16091883.jpg

『新編 左川ちか詩集 前奏曲』読了。まえがきを全文、はしがきを一部引用する。

ここには、生きている左川ちかの姿がある。
 昭森社の『左川ちか詩集』は、彼女の死後に出版されたものである。『新編 左川ちか詩集 前奏曲』におさめられた詩のほとんどは、彼女がじかに目をとおし、閲したものばかりだ。付録につけた『室樂』については、生前に出版した唯一の本であるが、これにも初出雑誌があり、鏤刻を経て単行本として完成したものの初々しい原形をおさめてある。
 今回、『前奏曲』とつけたのは、昭森社の左川ちか詩集』という金字塔へ結実するという意味あいをふくんでいる。此処には、Overture がある。こゝには、はじまりがある。みじかいがつよく焔のように生きたあかしとして、うたが黒曜石うえに墓碑銘として深々と刻まれている。》(柴門あさを)

今回の新編 左川ちか詩集 前奏曲』においては、昭森社版『左川ちか詩集』や、森開社版左川ちか全詩集』とは、いささか収録内容にちがいがある。それは極力初出での収録をめざしたということだ。》(はしがき)

これは、可能なかぎり「左川ちか」の全詩、全散文、全翻訳のあらゆるヴァリアントまでを雑誌初出で網羅することをめざした『左川ちか資料集成』の製作過程でできたちいさなちいさな副産物にすぎない。》(同)

左川ちか、これまで断片的にしか読んでいなかった。既刊の詩集二冊はちょっと手が出しにくい古書価になってしまっているから、本書は願ってもない出版だ。モダニズムの文法といったものが着々と自分自身の言葉になっていく過程が手に取るように分る。

新編 左川ちか詩集 前奏曲
著 者:左川 ちか
編 纂:紫門 あさを
装 幀:小山力也(乾坤グラフィック)
発 兌:えでぃしおん うみのほし
発 行:東都我刊我書房
予 価:4,000円
刊行:2017年6月30日


付録『室樂』はジョイスの詩集。三十六篇の恋愛詩から成る。初版はエルキン・マシューズ(Elkin Mathews)から一九〇七年五月に出版された。本書付記によれば左川ちかは『室楽』第三版(エゴイストプレス、一九二三年)をテキストとして翻訳を行ったそうだ。参考までに第一の詩の左川訳と原文を掲げておく。


地と空中の弦は美しい音楽をつくり出す。
川のそばの柳の会うところの弦は。

川に沿うて音楽が生まれる。恋人がそこをさまよ
っているので。彼のマントの上の青ざめた花。
彼の髪の上の暗い葉。

総ては静かに弾いている。音楽のする方に頭を
曲げて、そして楽器の上を指がさまよい。


I

Strings in the earth and air
   Make music sweet;
Strings by the river where
   The willows meet.

There's music along the river
   For Love wanders there,
Pale flowers on his mantle,
   Dark leaves on his hair.

All softly playing,
   With head to the music bent,
And fingers straying
   Upon an instrument.


左川訳は原文の行分けを無視して散文に近い形である。左川自身も《原詩の韻を放棄し、比較的正しい散文調たらしめるようにつとめた》と書いている。ここに詩の翻訳の悩ましい問題がある。韻を放棄してしまうと原詩の要素のうちの半分は捨てるようなものである。しかし、ではどうすればいいかというと、どうしようもないのだから仕方がない。全体に左川の苦心がうかがえる訳文である。

f0307792_17235138.jpg
これがエゴイストプレス版『室楽』(The Egoist Press, 1923. "THIRD EDITION.")の書影。次に掲げたのは初版の扉と表紙。初版は上述したように Elkin Mathews、1907 で第二版が同じ版元から一九一八年に出ている。また一九一八年にはアメリカで最初の海賊版(The Cornhill Company)が登場し、二七年にはエゴイストプレス版をそのまま再版した第二版の二刷が Jonathan Cape から出ているようだ。いずれの版も発行部数はかなり少ない。

f0307792_17245158.jpg
f0307792_17244773.jpg

『室楽』(Chamber Music)というタイトルはリチャード・エルマン(Richard Ellman、一九四九年のエヴァ・ジョイスとの対話から)によれば、ジョイスがオリヴァー・ゴガーティ(Oliver Gogarty)とともにジェニィ(Jenny)という若い未亡人のもとを訪れたとき、一九〇四年の五月だった、三人は酔っぱらって、ジョイスがこれらの詩のいつくかを大声で読み上げると、やおらジェニィはカーテンの後ろで溲瓶(chamber pot)を使い始めた。ゴガーティは「こりゃ、君に対するジェニィの批評だな!」とつぶやいた。ジョイスが後に弟スタニスラス(Stanislaus)にこの話をすると「そりゃ、いい兆しだ」と言って「室楽」というタイトルを示唆したらしい(以上 wiki より)。Chamber Music というのはジェニィが奏でるうるわしい(?)音色だったということになる。

[PR]
by sumus2013 | 2017-07-08 19:37 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< ホックニーとエヴァンス 栄枯盛衰 >>