林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


シャロンヌ教会の古本市

f0307792_17061740.jpg

『モモイトリ』2017年春闌号(古書西荻モンガ堂、二〇一七年五月一日、表紙=保光敏将)。特集:極めてます! ちょっとだけ極めてます!。いい雑誌だなあ、と思いながら目次を見ていると「ジュテーム・パリ」という題名が目に飛び込んできた。筆者は藤川江良氏。これはまず読まなくちゃと思って開いてみたら、その見出しがまた「ジョルジュ・ブラッサンス公園の古本市」「トラム三番線」「サン・ブレーズ地区」とあまりにこちらの趣味にピッタリなので驚いた。

ブラッサンス公園は《一年滞在していたころはそれこそ毎週土日のどちらか(主に日曜。理由は後述)には行っていて、思いで深い出来事も多々ある》とか。《ちなみのお勧めの時間帯は日曜日の午下がり。古本市の店主は皆マイペースで、土曜日だと午後になっても品出しが完了していない、なんてことがざらになるので、品出しが完了している日曜日の方がじっくり品定めできる。》・・・まさにおっしゃる通り。

トラム三番線はブラッサンス公園へ行くためにいつも利用しているし、そしてサン・ブレーズのサンジェルマン・ド・シャロンヌ教会(L'église Saint-Germain de Charonne)、ここは小生も今回はじめて訪れた。この教会が主催する古本市が教会の向かいの建物で開かれていると知人が教えてくれたのである。この教会は20区、ペール・ラシェーズ墓地のさらに東にある。メトロのガンベッタ駅で下車し十分ほど歩いた。

f0307792_20273075.jpg

パリでは珍しい姿の教会である。佐伯祐三の絵「モランの寺」(サン・ジェルマン・シュル・モラン教会)に似ているし、サンジェルマン・デ・プレ教会(一番下の写真)にも少し似ている(サンジェルマン系の建築様式というのがあるのだろうか、よく知らないが)。一部の遺構は七世紀に遡るそうだ。五世紀にこの場所でまだ役人だったサン・ジェルマンと少女だったサン・ジュヌヴィエーヴ(パリの守護聖人)が出会ったという言い伝えがある。会堂の背後に墓地があり、現在ではパリ市内で墓地を持つ教会はここともうひとつ(サン・ピエール・ド・モンマルトル教会)だけだとか。


f0307792_20350273.jpg

「Bourse aux livres(本の共同センター)」、これは本を寄贈してもらい、それを売って教会運営費に充てるというようなことだろうと思う。定期的に開かれているようだ。建物の中の三部屋に本が並べられ、教会関係書・レコード・CD・DVD、子供の本、ミステリーを中心とした一般書というふうに分けられている。一般書の部屋でだいぶ粘ったが、さほどのものはなく、ただ吉村昭の『La jeune fille suppliciée sur une étagère(少女架刑)』(ACTES SUD, 2002)を見つけたので買っておいた(この本は新刊書店にもまだ並んでいる)。値段は書かれていない。担当のお兄さんが「え〜と」という感じで値付けをしてくれる。ペパーバックはすべて1ユーロらしい。ハードカバーでも2ユーロくらいではないかと思う。

f0307792_20582143.jpg

他に子供の本の部屋で一冊おもしろいものを見つけた。それは後日紹介する予定。まったく期待していなかったのだが、三冊買って4ユーロ。まずまずの収穫だった。シャロンヌあたりは観光都市パリとしてみれば、面白味のない庶民の生活圏だが、そのためかえって飾らない素顔のパリの一面を感じられるのも確かである。

f0307792_21171212.jpg
サンジェルマン・デ・プレ教会



[PR]
by sumus2013 | 2017-07-05 21:25 | 巴里アンフェール | Comments(0)
<< 七夕目録 ぶらぶらブラッサンス >>