林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ビアズリー展vol.8「サロメ」

f0307792_20210071.jpg


みつづみ書房(http://www.mitsuzumi-shobo.com)さんで「オーブリー・ビアズリー展vol.8「サロメ」」のギャラリ・トークに参加した。ビアズリー・コレクター明石友貴氏のコレクションを手にとって拝見しながらお話をうかがうというたいへん貴重なひとときだった。今回は原田マハ『サロメ』(文藝春秋、二〇一七年)に登場するサロメ、ビアズリーの関連本を順次からめながらのトーク。

ビアズリーには昔ほど魅かれなくなったが、一時は好きだった。その頃のことを思い出しながら、ワイルドとの関係やボドリー・ヘッドという出版社についての話をうかがった。参加者がそう多くなかったため途中から皆が勝手に質問を挿むという雑談形式になってしまって、それはそれで楽しく、コレクションの苦労話なども含めて有意義だった。ビアズリー本を集めたくなった。もちろん和モノ。明治終り頃からかなり出版されているらしいし、明石氏はビアズリーとかサロメというキーワードが印刷されているだけでも蒐集の対象にしておられるとのこと。脱帽。ビアズリー展示は5月19日まで。


f0307792_20210598.jpg


f0307792_20210881.jpg


f0307792_20210348.jpg

みつづみ書房さんへおじゃまする前に柿衞文庫で碧梧桐展を見た。これもよかったが、それについては明日。


[PR]
by sumus2013 | 2017-05-13 20:40 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< 碧梧桐へきごとうHEKIGOTOU つき白み >>