林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


書画珍本雑誌社

f0307792_19484891.jpg

いつも珍資料を頂戴する某氏よりまたまた変った紙モノを頂戴した。それは「書画書籍価格符号表」。発行は書画珍本雑誌社(大阪市東区北久宝寺町一丁目四十八番地)。説明を読むとどうやら『書画珍本雑誌』の付録だったようだ。本誌に掲載されている書画・雑誌の価格符号を解読するためのアンチョコである。《毎号共通乞保存》と書かれている。『書画珍本雑誌』にはお目にかかったことはないと思うが、日本の古本屋にはけっこう出品されているのでそう珍しいものではないようだ。

これまでもいくつか紹介してきたように値段の符牒というのは古くから存在する。

『掌中和漢年代記集成』(文江堂、文化三年=1806)

「大阪商家の符牒」

しかし、これらと比較すると本書の符牒は暗号表と読んでもいいくらい複雑である。何か規則というか法則があるのかな……としばらくにらんでいたが、判らん、というか、ないでしょう(もし発見された方がおられればぜひコメント欄にお願いします。最初と最後の二ヶ所を拡大しておきます)。五十銭の囲み内には口のついた漢字が多いけれどもすべてではない。巨額のところ「萬」は符牒になってないし……。

f0307792_19510545.jpg


f0307792_19511195.jpg

『書画珍本雑誌』は大阪で大正八年十二月に創刊された。金井誠、平林縫治が編者である。大正十四年までは発行が確認できる。日本近代文学館に十三号まで揃いがあり、国会図書館にもバラで何冊かある(まだインターネット上での閲覧はできない)。

2013-05-29 古本夜話300 平林鳳二、大西一外『新撰俳諧年表』と書画珍

金井誠については不詳。平林縫治はコトバンクによると以下の通り。

平林鳳二 ヒラバヤシ ホウジ
大正・昭和期の俳人
生年明治3年3月(1870年)
没年昭和2(1927)年10月5日
出生地信濃国東筑摩郡生阪村(長野県)
別名通称=縫治,号=巨城,巨城舎
経歴20歳より3年間生阪郵便局長を勤めたのち上京、生命保険会社に勤務し、傍ら伊藤松宇に俳句を学ぶ。秋声会に属した。「新墾」同人。のち文人墨客の伝記及び墨蹟鑑定を研究して「書画珍本雑誌」を刊行し、大阪及び京都に住んで書画骨董や古俳書の売買業を営む。俳人としての面よりも大正12年刊行の「新選俳諧年表」(共著)の編者としての業績が高い。他の著書に「蕪村の俳諧学校」など。

この略歴に上がっている単行本はともに書画珍本雑誌社の刊行物である。

新撰俳諧年表 : 附・俳家人名録 1923
平林鳳二, 大西一外 編

蕪村乃俳諧学校 1924
乾木水 解説,大西一外 校訂

なお大西一外は讃岐人であった。大西一外(おおにし・いちがい)俳人(明治19年11月1日~昭和18年5月25日)。

一外。大西千一。仲多度郡象郷村大字上櫛梨の産、多年大阪に住し官界に務む。晩年帰郷 月刊雑誌「ことひら」を発行す。俳諧史の研究家である。著書に「新選俳諧年表」あり。平林鳳二氏と共著。昭和18年没。》(香川県俳諧史)

乾木水についてはよく分らないが、京都の俳誌『懸葵』に関係していたようだ。

[PR]
by sumus2013 | 2017-05-08 20:31 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 某氏です。 at 2017-05-09 16:38 x
実は、この暗号表(笑)は、とある古本に2枚挟まっていて、一枚をお送りしました。ルールはやはりはっきりとはわからないのですが、十円から九十九円までは、お気づきとは思いますが、共通のヘンあるいはツクリでしょう。ただ、その中の一円きざみのルールがわからず、またアップされている一円未満、百円以上は、ほぼお手上げです。
Commented by sumus2013 at 2017-05-09 19:59
各号共通なら、あまり意味はありませんけどねえ(笑)。
<< MUJIBOOKS 2 花森安治 石塚友二書簡 >>