林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


パリ美術館ガイド

f0307792_20361225.jpg

GERMAINE BARNAUD『GUIDE DES MUSÉES DE PARIS』(ARTS ET MÉTIERS GRAPHIQUES, 1968)。著者のジェルメーヌ・バルノーについては詳しくは分らないが美術官僚のようで一九八八年に亡くなっている。

ある古書店にて。500と巻末ページに鉛筆で値段が書かれていた。少々高い。パリで買うなら1ユーロかせいぜい2ユーロじゃないと……。どうしようかな、と思いつつ表紙から見直しているとこんな書き入れが目に留まった。

f0307792_20361574.jpg

これなら安いや、ということで帳場へ。念のため尋ねる。
「これ、いくら?」
主人は表紙を開いて書き入れを見つけこう答えた。
「杉本秀太郎さんの旧蔵書やね……千円」
「千円! 裏に500って書いてあるけど」
少々意地悪とは思いつつ異を唱える。
「え、あ〜、これは……サインを見落としてたなあ」
ということでめでたく五百円にて落掌。

f0307792_20361729.jpg
このような二つ折の「クロード・モネと仲間たち」展の案内状(マルモッタン美術館)が挟み込まれていた。一九七一年六月から展示が開始されたモネの息子ミシェルおよびドノプ・ド・モンシー夫人から同館に遺贈された作品群である。おそらく杉本さんもこの展示を見たのであろう。

[PR]
by sumus2013 | 2017-04-13 21:10 | 古書日録 | Comments(0)
<< 昭和十二年の大阪市政 ぽかん06 >>