林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます! B..
by sumus2013 at 08:01
はじめまして。いつも楽し..
by ao at 19:14
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


詩のある風景

f0307792_16314628.jpg

鍵谷幸信『詩のある風景』(鍵谷泰子、一九九〇年一月一六日)。鍵谷は一九八九年一月一六日に歿しているからいわゆる饅頭本である。本書も頂き物。有り難し。八五年から八六年にかけて『世界日報』紙上に連載された短いエッセイをまとめた内容。これはかなり微妙な時期であるが、まあそれはあまり穿鑿しないでおこう。見開きで一篇の形になっており(九百字前後)詩や詩人、本の好きな者には楽しい読み物だ。

中村書店(http://sumus2013.exblog.jp/24121714/)が登場する。

学生時代、渋谷の宮益坂上に詩書を専門とする中村書店というのがあった。店主はなかなかの硬骨漢で、ただ本を売っている商人ではなかった。詩が好きで詩書を愛しているのが肌で感じられた。気に入らない客だと売らなかった。ぼくはここで珍しい詩集や詩誌を手に入れたものである。堀口大学の「月下の一群」の第一書房の初版本、佐藤春夫の「我が一九二二年」萩原朔太郎の「青猫」西脇順三郎の「アムバルワリア」安西冬衛の「軍艦茉莉」北川冬彦の「戦争」三好達治の「測量船」などを買ったときには、嬉しさいっぱいで体が震えた。

中村氏は貧乏学生のぼくに随分本を安く売ってくれた。中村書店で買った本は今も大切に本棚で詩の光を放っている。珍しい雑誌もここで入手した。「詩と詩論」「詩法」「新領土」などモダニズム系の雑誌も揃えた。ガラス張りのケースに稀覯書が並んで壮観だった。あそこでは詩の光輪がいつも輝いていたと思う。中村氏はじっと坐ってタバコをふかし、奧から珍しい詩集をもってきてみせてくれた。》(詩書の指南役との出会い)

植草甚一も登場している。

今は亡き植草甚一氏が神田の本屋めぐりをするとき、まだ都電が走っていて、市ヶ谷やら九段上にさしかかると、ああ、今日はいい本が三冊はあるなあ、という予感がし、それがピタリと当たったという。長年の勘が働いたのだろう。
 七月末の太陽がアルベール・カミュ的にカンカン照る日に神田に出た。地下鉄九段下でおりて、専修大学脇を通り神保町めざしてトボトボと歩いている。ぼくも以前は植草氏ほどではないが、今日は二冊位かなという勘が働いて、事実その通りになってカバンのなかに詩集一冊や画集一冊がおさまったことがある。》(本から離れる)

八年前の三月上旬、美術出版社からムック形式の本を植草甚一で出すことになり、一日写真撮影のロケーションに出かけたことを思い出した。植草さん、写真家高梨豊氏、助手のなんとかさん、編集部の宮沢壮佳氏とぼくの五人。

神保町へ出て古本屋をぶらつき、植草さんがお気に入りのコーヒー店へ入り、神保町ではこのコーヒーが一番好ですね、といって、ゆっくりコーヒーを啜るのだった。それから新宿めざして車が九段上を通過し、市ヶ谷駅を四ッ谷の方へ向ったとき「デュシャンとエルンストのどちらがお好きですか」とぼく。「エルンストです。彼のコラージュは実にスバラシイ。少しもズレがない」とごく当り前のことに心底感心し、「ぼくにはデュシャンはワカラないんです。ぼくは未来派からいきなりシュルレアリスムに入ったのでダダぬきだったんです。」》(植草さんと歩いた)

このムックというのは『植草甚一主義』(美術出版社、一九七八年)である。ここで言う植草の好きな喫茶店は「きゃんどる」だろう。他にも西脇順三郎、北園克衛、瀧口修造、森谷均らの項を面白く読んだ。

[PR]
by sumus2013 | 2017-03-23 17:21 | 古書日録 | Comments(0)
<< 近江八幡散歩 裸体人像 >>