林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


林園月令

f0307792_19510270.jpg

柳湾先生纂輯『林園月令』(万笈堂、天保二[一八三一]年序)の一。都合八冊あるらしいが、むろん均一で拾ったのはこの一冊のみ。

林園月令. [初編] / 館枢卿 纂輯 ; 伊沢信厚 参校

f0307792_19505899.jpg

詩を作る人のための袖珍(小型)アンソロジーである。巻一は春。昨日のつづきで花見はどうなのか、という話になるのだが、例えば『開元天宝遺事』(王仁裕が後唐の荘宗のとき長安にあって民間の故事を採集した書)から以下のような例文が引かれている。

《学士許慎選放曠不拘小節多與親友結宴于花圃中未嘗具帷幄設坐具使童僕輩聚落花鋪于坐下曰吾自有花裀何消坐具》

許慎は友人たちと花見に行って落花を集めさせて蒲団代わりにした。

《長安士女遊春野歩遇名花則設席藉草以紅裾逓相挿桂以為宴帷

長安の士女たちは春の野にピクニックに出てすばらしい花に出会うとそこで真赤なスカートで四方を囲み宴会の幕にする。

f0307792_19505666.jpg

要するに、桜の花とは限らないが、中国では古くから春になるとみんな酒や食べ物をもって野に出て、花や新緑を楽しみながらすごしたのである。もうひとつ例を引く。「江南春」の詩で知られる杜牧に「春日茶山、病不飲酒、因呈賓客」という五言律詩がある。『杜牧詩選』(岩波文庫、二〇〇四年)より。

 笙歌登畫船
 十日清明前
 山秀白雲膩
 渓光紅粉鮮
 欲開未開花
 半陰半晴天
 誰知病大守
 猶得作茶仙

大中五年(八五一)、茶山を仕事(製茶の監督)で訪れた杜牧は船の上で宴を張った。それが清明節の十日前……大中五年の清明節は二月二十八日(西暦四月七日)だというから、その十日前、日本ならちょうど花見頃になるだろう。しかしながら、どうやら杜牧は糖尿病だったらしく皆が酒を飲んでいるのに一人お茶で我慢している。花(桃の花か)は咲きそうでまだ咲いていない。

『陶庵夢憶』より「揚州の清明節」

清明節がどうやら日本流花見のルーツかもしれない。

[PR]
by sumus2013 | 2017-03-16 20:56 | 古書日録 | Comments(0)
<< 和ガラスの美を求めて 覚えある >>