林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


覚えある

f0307792_17051507.jpg

今日は急に冷え込んだが、どうしたわけか近所のソメイヨシノがもう開き始めている。少し早いと思いつつも桜にちなんだ短冊をかかげる。

 覚えある山路や花に又ことし  霞丈

霞丈(でいいと思うのですが)は名古屋橦木町に住まった鈴木霞丈であろう。井上士朗のまわりに集ったグループの一人のようだ。(あくがれありく「47 山吹俳壇2」

ところで、昨秋、ツルニャンスキーのところでこのように報告した。

セルビアでは果樹の花というのは愛でるものではなかった。桜といえばさくらんぼであってそれは赤い実のイメージが第一に浮かぶ。これはロシアでも同じと沼野氏が後半の鼎談のときに補足しておられた。チェホフの「桜の園」はじつは「さくらんぼう畑」という訳の方が近いかもしれないと。

ヨーロッパやロシアには花見はないという見解である。ただし山崎佳代子さんが補足しておられたところによればセルビアに住むトルコ系の人々は花そのものを愛でる習慣をもつそうである。なるほどなあ、アジア的な価値観なのかなあとぼんやりと考えていたのだが、プルースト『失われた時を求めて5 第三篇「ゲルマントのほう I」』につぎのようにあるのを見つけて、おやおやと思った。

春がはじまっていたのにもかかわらず大通りの木々はまだほとんど芽吹いていないパリを離れて、環状線[サンチュール]の汽車がサン・ルーの愛人の住む郊外の村で私たちを下ろしたとき、どの小庭も白い大きな仮祭壇のような花盛りの果樹で一様に飾られているのを見て、思わず目を見張った。決まった時期になると、かなり遠方からでもわざわざ見物客がやって来る特別の、詩情豊かな、短期間の、自然が催す地域の祭りのひとつと言ってよかった。桜の花は白い鞘さながらにびっしりと枝に密着して咲いているので、遠くから見ると、ほとんど花も葉もつけていない木々の間にあって、日は差してもまだすこぶる寒いこの日、ほかでは融けてしまったのに低い桜の木の枝に残っている雪のように見えた。他方、大きな梨の木は、もっと広範囲にわたってまばゆいほどの白一色で家々やつましい庭を取り囲んでいたが、そのさまは、村のすべての家や地所が同じ日に、最初の聖体拝領をしている最中であるかのようだった。》(p353-354)。

梨の花と言えば、早春のイタリア、ボローニャを訪れたときに、梨の花がまるで日本の花霞のように見えたことを思い出す。桜よりもたしかに白いけれど景色としては花見にもってこいであった。

またゴッホが「花咲くアーモンドの木」だとか「モーヴの想い出」(桃の花)を描いていることも忘れてはならないだろう。浮世絵の影響ということもあったに違いないが(プルーストの頭にもそんなイメージがよぎったか)、十九世紀のヨーロッパ人も花見はしたのである。

[PR]
by sumus2013 | 2017-03-15 18:36 | 古書日録 | Comments(0)
<< 林園月令 田中啓介モダニズム作品全集 >>