林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


田中啓介モダニズム作品全集

f0307792_19410718.jpg


田中啓介『造園学のリボンをつけた家――田中啓介モダニズム作品全集』(善渡爾宗衛 校訂、東都 我刊我書房、二〇一七年三月一三日、表紙・扉デザイン=夏目ふみ)が届く。表紙がマーメイドの黒というのは小生好みだが、田中啓介というのはどんな人だろうと開いてみるとこれがまたタルホそのまま、いやタルホよりいくぶんか甘ったるい、しかしなかなか見所のある小品ばかりで、ほほうと思った。

巻末に付された沼田とり氏の「田中啓介メモーーアタマのひびから入り込んだのは虹ではなく空虚だった」によればその経歴などはほとんど分っていないようだ。

《田中少年は、同じ中山手通りもずっと西寄りの弁護士の書生でシナ人のような滑らかな青白い肌を持って、カドのない丸い身体付きをしていた。ある夜、中山手通りに平行した北長狭通りの小さな喫茶店の文学的会合に彼は顔を出し、会が終わってもわれわれグループに随いてきたことから、とうとう準仲間になってしまった。》(稲垣足穂「カフェの開く途端に月が昇った」)

これは大正九年か十年のことだという。その後、昭和二年頃には上京しており、昭和六年から七年初めまでの間に江古田の東京市療養所において息を引き取った。田中の詩文集『モル氏の酒場』は足穂に預けられたままアパートに放置され焼失してしまったと回想されている。

どんな作品なのか、とりあえず短いパッセージを引用してみる。

《だが彼は、自由と耽美の南京小路にむかってくねくねハガネのように変色しながらいそいでいる。
 小路は暗々の快楽。
 豚屋で透麗なヂキタリスの夢を抱き鷄の足一本五銭は安いもんだ。
 こゝでは青物屋のヂストマも小便する。
 高い赤いペンキの広告塔の地下室は、酒場とダンスホール。
 彼はそこで、五尺五寸のあらあらしい支那娘のダンサアに飛びついて、リラリラリラと月の破片の白い毒をあおり、製鉄場のものくるおしいヂャズバンドのでたらめなリズムに沈んで行く。
 交錯した足と足と足のあいだに発生したゴムマリのようにこわれかかったコルセットの空間。
 電気マッチの抱擁がが[ママ]すむと、だまって支那娘のひだにしなだれかゝり、彼女の心臓にリトマス液を注いで飛び出した。》(「かなしきドン・ヂュアン」より、初出『文芸耽美』一九二七年一二月)

喫茶店の登場している作品からも少々。

《その頃、習慣のように、おそい昼をすませてから、あてもなく、そのくせむやみに待遠しい夜になるまでの退屈な時間を、草色のフランス製の香水瓶にドアをつけたとしか思われない喫茶店ローンの可愛らしいサロンで、やけにバットの煙をふかしながらすごしました。
 その日も、サロンの中に泡だったかん高い季節の匂いを感じながら、椅子を窓ぎわにもち出してむやみに退屈していたのです。
 窓の外は、くしゃくしゃにおしつまった雑然たる屋根がキュビイズムの画面になり、高い青空をひきさいたビイルヂングの窓にはマグネシュウムの光沢が煌き、白い街路にレールがひきずり出された腸のように乱れ、電車は白い夏服の坊ちゃんのオモチャになってしまうし、波止場あたりに眼を転じると、赤や黒の腹ばかりしかみえない碇泊船のマストは鉛筆だし、おしつまって幕のように黒いマストと煙突の間に色紙の赤青白などの万国旗がひるがえり、ランチにひきさかれた波頭は、ウラボウ、ウラボウと白く光っているのです。》

《退屈にねばりついた侘しさをプレイン・ソーダに沈ませた赤いチェリイの実とつぶしているとーー》

《それが、ある日いつになく、頭の上の緑色のセイドのついた電燈のつゝましい光が、ながれるまでしゃべり込んでいたのです。
 私は街に灯がついたのをみると、いつものように立ちあがって、自慢のフランスの飛行将校の使っていたと云う皮チョッキ姿でカウンタアにぼんやり頬杖をついているそこのマネヂャアにほゝえみかけながら、口をすべらせて、こう云ったのです。
 ーーさあこれからコーモリの活動が始まるんだ。》(「彼等と私たちーー彼等は虚を把もうとしているーー」より、初出『文芸耽美』一九二七年七月)

………。

f0307792_19411211.jpg


夭折の少年ダダイストの作品集成 (かなり危険な日記帳。)


田中啓介について参考になるテキストはないかなと思って検索していると、下記の論文を見つけた。稲垣足穂の登場とその文壇的な影響について手際良くまとめられている。

「稲垣足穂の〈文壇〉時代ーー〈登記〉と〈オリジナリティ〉」高橋孝次

ここから田中啓介に関係すると思われる部分だけを引き写してみる。

《例えば足穂も執筆した玉村善之助の雑誌「GGPG」には石野重道、平岩混児、近藤正治、高木春夫、田中啓介ら、足穂の神戸人脈の人々がこぞって参加し、同時期のライバル誌でもある村山知義の前衛雑誌「マヴォ」は、同誌について「結局、イナガキタルホをボール紙製の試験官で化学的色揚げをやつただけのことさ。一種の新感覚派さ」と「ギムゲム達」を十把一絡げにして「さあ、早くお月様とシルクハットの結婚式へ行き給へ。急がないと遅刻するよ」と締めくくっている。これは、「GGPG」の執筆者をタルホのエピゴーネンとして、くさしているのである。》

《石野は「GGPG」や「文芸耽美」、「薔薇・魔術・学説」などにも作品を発表しており、タルホ式の活動写真的スラップスティックは薄く、より審美的な色合いが濃いが、神戸的でエキゾティックな世界を分かち持っていた。》

《石野、猪原[猪原一郎]以外にも、高木春夫や近藤正治、田中啓介といった「GGPG」周辺の人々による、足穂とよく似たエキゾティックな神戸の雰囲気と「月星ガス体式材料」を用いた作品が現れること、つまり、足穂の発明による「技術」(=類型)によって模倣可能とみなされることは、極端に消費され、「新しさ」の価値も低下するばかりであることを意味していた。》

《青木重雄は『青春と冒険 神戸の生んだモダニストたち』(昭和三十四年四月、中外書房)で当時[大正末頃]の足穂の人気を振り返り、「稲垣はすでに中央でも新人中の新人として認められていたから、彼の廻りにはタルホ熱にうなされた文学青少年が数多く集ってきていた。また、彼の刺激を受けた亜流文学作品が、前に述べたいろいろな同人文学誌にも無数に掲載されていた。まったく当時、イナガキ・タルホの名は神戸文学の代名詞だった」と述べている。》

そのマヴォと「GGPG」の違いについて北園克衛はこういうふうに書いている。

《私たちは「ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム」」という文芸雑誌を発行した。すでに私たち未来派、表現派、立体派については精通していたし、構成派やダダ、についても知っていた。高橋新吉らのダダはどうも汚くて面白くなかった。村山知義をリイダアとする意識的構成主義はその頃のジャーナリズムをよろこばせた。三科の造形運動は、ダダと構成主義の狂暴な突風となって強烈なスキャンダルを矢つぎばやに生みだした。かれらは、地震のために到るところに捨てられた鉄骨や廃品で、芸術のスキャンダルをつくったが、そこは政治、経済、社会に対する鋭い抵抗が諷刺が露骨にあらわれていた。この三科の一群のなかからMAVOという雑誌が創刊された。しかしその詩作品はまだ文学運動以前のものといってよかった。私たちは、MAVOとは全くちがった角度で詩を考えはじめていた。何よりも先ずその態度が知的で自由であることだ。私たちはそれをロシア語やフランス語やイギリス語でなく、ドイツ語でインテリギブレ・フライトハイトと呼んでいた。》(北園克衛「昭和史の前衛運動」昭和三十二(一九五七)年三月)

土壌は同じでも咲く花はそれぞれ。「さまざまな意匠」というのか、いや「蓼食う虫も好き好き」という方がいいかも……。この引用は野川隆の評伝サイトからいただいたのだが、このサイトの情熱にも驚かされる。

變電叢書刊行準備【野川隆評伝:前期】Gの震動—1901〜1927  第三章 疾走期【関東大震災と「Gの發音の震動數と波形」たる『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』・橋本健吉・稲垣足穂・暴れる玉村善之助】


[PR]
by sumus2013 | 2017-03-14 17:53 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 覚えある あゝ無情 >>