林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古本屋にて、

f0307792_20563555.jpg


f0307792_20563594.jpg


トランスポップギャラリーで開催中のうらたじゅんさんの個展(〜12日、月火休)を拝見。いつもながらのうらたワールドにひたる。ノスタルジア……というだけでもない、今を生きている感じの描写にうらたさんならではのメッセージを感じる。

トランスポップギャラリー道順 うらたじゅん道草日記

そこから善行堂へまわって岡崎詩集の進行や次の企画について立ち話。ゆずぽん発行の『古本屋にて、』(二〇一七年二月)という小冊子をもらう。ハガキサイズの横長判、中綴じ十六ページ。作者は若い人で善行堂のお客さんだそうだ。奥付などの情報が皆無なので詳しいことは分らないが、よくできている。紙質、文字、写真、そしてそのレイアウト、いずれについても吟味が行き届いているように感じる。内容は古本屋の店頭写真を見開き右ページに、対面に短い文章を置いただけ。さらりと読めて古本屋への真摯な思いが伝わる内容だ。

上に掲げた二番目の写真の見開きは大阪の「青空書房」。

《某月某日。青空書房店主の訃報を知る。
昔一度だけ、自宅で開かれていた店に伺った。店主は、戦中戦後の闇市の話、太宰治や織田作之助の話などを聞かせてくれた。帰るころには、正座で足が痛くなった。店を出たら、外はもう暗くなっていた。

「本の中に行間があるように、人生も間が大切だよ。」と店主は教えてくれた。今でも大事にしている言葉である。》

収録古書店は、蟲文庫、善行堂、上崎書店、青空書房、トンカ書店、徘徊堂、ちんき堂、あかつき書房、うみねこ堂書林、おひさまゆうびん舎。入手については善行堂へ。

古本ソムリエの日記・古書善行堂

帰りがけにヨゾラ舎へちょっと立ち寄りクリームのCDを入手。穏やかな一日だった。

[PR]
by sumus2013 | 2017-03-05 21:28 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 河原温渡墨作品頒布会 松倉と勝と光永と継吾 >>