林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


四番茶

f0307792_20054344.jpg

下村海南『四番茶』(博文館、一九二七年三月三日三版)。裸本。むろん均一。昔この人の随筆を読んで面白かったので、これもちょっと読んでみようかと思ったのと「本をつくる人」というコラムがあったため求めた。まずまずだった。

「本をつくる人」は「鈴の屋と古事記伝」「韓非子翼毳とハルマ字書」「校本万葉集」「契沖全集と鈴の屋図書館」「古事記伝を新聞にしたら」の五篇である。近世の出版苦労話をまとめていてそこそこ読ませるのだが、ここでは一話だけ引用しておく。太田全斎による『韓非子翼毳(かんぴしよくぜい)』の出版。〜〜は繰返記号の代用。

《太田全斎は福山の藩士である。韓非子の研鑽十余年におよび、その註疏韓非子翼毳二十篇十冊九行二十字詰一冊五十枚を出版するに当り、まづ佐藤一斎の塾から木活字約二万字を求めたが、活字に不足が多く、一枚を組むに五日を要したので、不足の分につき更に約一万字を彫刻しいよ〜〜印刷にかゝるとなると、病妻はすでに長く床にありて手助けどころではない、五人の子供はいづれも年端がいかぬ、末の乳呑児は乳に餓えて夜昼となく泣き叫ぶ、僕婢は皆遁れ去つて帰らず、己れは右指腫瘍甚しく、体力次第に痩衰へ、殆ど二年間は遅々として進境を見ず、一家挙げて貧苦の中に呻吟した。たまたま姪の塩田氏より若干の資金を得、なにがしかの版木と紙を求め、十三歳の長男周蔵が彫刻する、かつ〜〜出版にかゝるが家計の赤貧に加ふるに病人は絶えぬ、公私の雑務に逐はれる、その中で仲弟信助末弟三平が漸く長じて来る、父は字を組む、長次子は字を彫る、末弟は版を刷る、朝早くより夜晩くまで親子四人が血と涙の苦闘をつゞけ、辛酉の冬から享和戊辰の孟夏まで八年の星霜を経て刷り上げた部数は、驚くなかれ只の二十部で、この書現今一部は東京に、一部は九州に残存してゐると伝へられてゐる。》

どうしてそこまで……。

本とは別にもうひとつ興味を引いたのは「近江兄弟物語」。大正十四年、滋賀県知事末松偕一郎から講演を以来されて海南は初めて近江八幡の地を踏んだ。講演が終わって肺病療養所へ案内された。

《県立かといふと違ふ、町立かといふと違ふ、ヴォーリズといふ、耶蘇教の人達が建てた病院だといふヴオーリズ……聞いたやうな名前である、聞いたやうにもなんにも大阪朝日新聞社と土佐堀川を隔てゝ、大同ビルが普請中その大きな葦簀の囲ひの表に Vories 建築事務所といふ大きな看板がかゝつてあつた、朝夕あまり眼になじみ過ぎてるあのヴオーリズかといへばそのヴオーリズだといふ。》

大同生命肥後橋ビル、なつかしい。一九九〇年に取り壊されたが、八〇年代に何度かビル内のギャラリーを訪問したことがある。

《華族のお嬢さんのお婿さんでヴオーリズ、建築家であるヴオーリズは、どうやら本職は伝道師らしい、伝道師であつて建築家一寸取り合せが妙であるが、建築家であるヴオーリズの名前なら、大震災の前後色々の方面から耳にしないでは無い、東京で旧藩侯世子徳川頼貞氏の建てられた南葵音楽堂も、学友森本博士等の創設にかゝるお茶の水の文化アパートメントも、関西学院も大丸呉服店も、みなヴオーリズの建築にかゝつてる、そのヴオーリズが何でこんな處へ療養所を建てたのかといへば、此近江八幡にヴオーリズ建築事務所があり、ヴオーリズと兄弟のやうになつて活動してゐる吉田悦蔵といふ人もこの町に住んでるのだといふ》

ヴォーリズ『一粒の信仰』(吉田悦蔵訳)

f0307792_20054644.jpg

《安土! あの南蛮寺の鐘の鳴つた安土、神学校でピヤノを奏でたあの安土、日本の西教のはぐゝまれたあの安土から、二里足らずの八幡の丘に、三世紀を隔てた大正の代となり茲に近江ミツシヨンが根ざされてるのも不思議な因縁だといへば、吉田君は安土の滅亡した時に市民はみな此八幡に遁げて来た、安土は乃はち八幡、安土の文化は八幡によつて受けつがれた、ヴオーリズはいつも世界の中心は近江の八幡だと真面目になつて宣伝してますといふ。》

なるほど、そういうことだったか。信長時代の実績が近江八幡には残っていたのだ。ヴォリーズはそれを知っていたのだろうか? 高山右近がヴァチカンによって「福者 Beatus」に列せられたというニュースを聞いたばかりだ。プロテスタントのヴォリーズにはそんな仰々しい格式張った栄誉は似合わないかもしれないが(藍綬褒章と黄綬褒章は受けている)、海南の文章を読んでいると近代日本におけるヴォリーズの存在は精神面と物質面の双方において決して小さくなかったことがよく分る。

[PR]
by sumus2013 | 2017-02-08 21:13 | 古書日録 | Comments(0)
<< 飯田九一文庫目録 花森安治装釘集成・書評その他 >>