林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


署名本三冊

f0307792_20104300.jpg

署名本をパタパタと三冊ほど見つけた。いちいち買っていてはまた置き場所に困るとは思いつつ求めてしまった。右から赤尾兜子『虚像』限定版(創元社、一九六五年九月二五日、装画=津高和一)、中河与一『天の夕顔』限定版(角川書店、一九六三年六月三〇日)、田村木國『大月夜』(山茶花発行所、一九四二年四月一日)。

まずは『虚像』。赤尾兜子の第二句集である。岡満男様恵存とあるが、岡満男は『新聞と写真にみる京都百年』や『近代日本新聞小史』の著者だろうか。 

f0307792_20104530.jpg

f0307792_20104826.jpg

奥付には「限定句集」とだけしてあって限定数は記されていない。本書の限定番号は「00249」……まさか一万部限定! 津高和一の装画がカバーと扉と挿絵と三点付されている。試しに引用しようと思うのだが、これはどう選んでいいのか分らない。年代ごとに三つにまとめられているのでそれぞれの最初の句を引いておく。

  花束もまれる灣の白さに病む鴎 (「渚の艾」昭和三十四年)

  黄昏れる頂上 ハンターの鯛の酒盛り (「轢死の葡萄」昭和三十六年)

  試走車に砂ながれだす牡蠣の村 (「蒼白な火事」昭和三十八年)

こういう時代だったのかなと思うのみ。

お次ぎは『天の夕顔』限定350の内の250番。カットにジャン・コクトーのデッサン、永井荷風が絶賛した手紙も掲載されており、少々ミーハーな作り。遊び紙への揮毫は美意延年(こころをたのしませれば年を延ぶ)。本書の「あとがき」によれば「天の夕顔」は『日本評論』昭和十三年一月十五日号が初出。その後いろいろな形で出版されており《その種類は十指を超えるに至つてゐる。昭和二十八年にはフランス版を DENOEL 書店から出し、英、独、華の諸国語に訳されたものもそれぞれの書肆から出版せられた。》というほどに流布した作品らしい。ウィキによればこの小説のモデルと悶着があった。なお中河与一は讃岐国坂出の出身【うどん県あれこれ】。

f0307792_20105138.jpg

三冊目『大月夜』も第二句集である。見返しに「贈舘野翔鶴君/著者」。舘野翔鶴は俳人、俳誌『引鶴』主宰。そして署名用の頁に一句自書。

  土用浪ひしとかたまり岬の家  木國

f0307792_20105576.jpg


田村木國(1889-1964)は和歌山の笠田町(現かつらぎ町)出身で大坂朝日、大坂毎日の記者として活躍した。虚子、碧梧桐らに師事。本書には函があるが、欠けている。題字は高浜虚子、扉絵は川端龍子。



[PR]
by sumus2013 | 2017-02-06 21:14 | 古書日録 | Comments(0)
<< CATALOGUE 1938 瀧口修造とマルセル・デュシャン >>