林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


美というもの

f0307792_19501463.jpg
『太陽』No.382「瀧口修造のミクロコスモス」(1993)より


土渕信彦氏によるギャラリートーク「瀧口修造講演「美というもの」」に参加した。目玉は瀧口修造が一九六二年一〇月八日に富山高等学校講堂で行った講演「美というもの」の音源公開。加えて土渕氏による瀧口の小伝およびその講演の経緯などについての解説があった。

一九五八年、欧州旅行から戻った頃から瀧口は執筆活動を止め作品制作に専念するようになっていた。元来がアーティスト志望だったようなところもあり、六十を前にして自分がもっともやりたいことをやる、というふうに人生を変えたかのようだ。一九七九年に歿するまでおよそ二十年間、作品制作やオブジェの蒐集などに熱中したと言っていいだろう。

富山高等学校は母校(旧制富山県立富山中学校)である。そのころ講演はすべて断っていたにもかかわらず、これは引き受けた(同日、富山市で行われた全国造型教育連盟でも講演している)。四十年ぶりの母校訪問ということに大きな意味があったらしい。その後暫くしてかの自筆年譜をしたためたのだという。

講演の内容も青春時代を語る半自伝のようなものであった。話し振りがすこぶる自然で、講演に慣れない感じが出ていたが、その人柄の素晴らしさも同時に感じさせるものだった。高校生を前にしてということもあるのだろう。非常に分りやすい口調で「美というもの」などという大げさな題名をつけたが、それはどんな小さなものでもいい、自分が気持ちを動かされたものが美につながるというようなことを話した。ただ、それも最後の方にごく短い時間それに触れたたけで、けっして押し付けがましいものではなく、先輩として進路を摸索する時期にある後輩たちに送る言葉、というようなかっこうであった。

途中で、自分の詩集についてごく軽く触れ、本にするため自作詩の切抜きなどを渡した「若い本屋さんがそれを失くしてしまって」実現しなかった、と。若い本屋さん、すなわちボン書店の鳥羽茂である。肉声を聞いて改めて瀧口ファンになったしだい。

次の土曜日にも土渕氏によるギャラリートーク「瀧口修造とマルセル・デュシャン」が予定されているので、ご興味のある方はぜひ。


マルセル・デュシャン生誕130年記念「瀧口修造・岡崎和郎二人展」
2017年1月7日(土)~2月12日(日)

ART OFFICE OZASA INC.
ozasa_kyoto
http://www.ozasahayashi.com

[PR]
by sumus2013 | 2017-01-28 20:18 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< 長崎夜話草 集古 >>