林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


贋食物誌

f0307792_20091429.jpg

吉行淳之介『贋食物誌』(中公文庫、二〇一〇年一一月二五日)。吉田健一『私の食物誌』を下さった方より重ねて恵投にあずかった。深謝です。吉行淳之介の小説はほとんど読んだ記憶がないけれど随筆は何冊も読んでいる。エッセイの名手である。ただ『贋食物誌』(新潮文庫、一九七八年、が中公版の底本)はしばしば見かけた文庫でありながら手に取ったことはなかった。食味エッセイはどちらかと言えば好きな方なのだが。

例えば本書83「烏賊」に丸谷才一「食通知ったかぶり」連載の話が出ている。そこで丸谷が選んだ《食べ物の本の戦後三大傑作》を引用してあるが、それは

一、吉田健一『私の食物誌』
二、邱永漢『食は広州に在り』
三、檀一雄『檀流クッキング』

であり、《吉田健一さんの本で感心したのは、食べ物と人間との関係を正確に掴んでいるので、通ぶった感じを受けないところである。》と吉行は書いている。その理由も吉田の「東京の握り鮨」を挙げて述べられているが略する。小生思うに『私の食物誌』を読む限り吉田は通とはほど遠い。自分の感覚に正直なだけである。

51「ラムネ(3)」も面白い。これは坂口安吾のエッセイ「ラムネ氏のこと」の紹介になっている。昭和十年代(だろう)安吾が小林秀雄と島木健作と三好達治といっしょに飲んでいるときにラムネの玉を誰が発明したのかという話題が出た。三好達治がこう言い張った。

《ラムネは一般にレモネードの訛だと言われているが、そうじゃない。ラムネはラムネー氏なる人物が発明に及んだからラムネと言う。これはフランスの辞書にもちゃんと載っている事実なのだ、と自信満々たる断言なのである。》

ところが安吾が探してみるとラルースにも出ていない。ラムネーという哲学者の名前を見い出すのみ。安吾の論理はそこから飛躍する。吉行はその思考法について考えを巡らしているわけだが、小生はこの三好達治の強情ぶりの方に興味を引かれる。

拙著『古本屋を怒らせる方法』(白水社、電子書籍化されてます!)を繙くと、レモネード(レモン水)は昔からあるので誰が発明したということは断言できないように書いてある。ただ炭酸ガスが発見されたのははっきりしており一七七二年英国でのことである。ラムネの玉罎を発明したのはやはりイギリス人のコッドという人物で一八四三年のことらしい。それ以前はコルク栓だった。その後一八九二年にアメリカ人のペインターが王冠栓を発明した。日本では玉びんに入っているのを「ラムネ」と呼び王冠栓を「サイダー」と呼び慣らわしている。内容物にさしたる違いはない。

もうひとつ87「アルコール(1)」に佐野繁次郎のことが出てくる。新聞記事が面白かったので切り抜いておいたとしてそれを引用してある。

《『十二日午後三時二十分ころ、東京都港区高輪三丁目で、何某さん(住所と姓名は私が省略)がタクシーに乗ったところ、後ろの座席に分厚い白封筒が落ちており、真新しい一万円札で百万円が入っていた。驚いた何某さんは、タクシーの運転手(姓名省略)と一緒に高輪署へ。
 同署で封筒に印刷してあった銀座の画廊に問い合わせたところ、落とし主は(住所省略)洋画家で、二紀会名誉会員の佐野繁次郎さん(七三)とわかった。しかし、自宅へ電話したところ、佐野さんはアトリエで油絵を創作中、百万円を落としたことには全く気付いておらず「そういえばありませんなァ」
 佐野さんは昼過ぎ、画廊から絵の代金など百万円を受け取ったあと、近くのレストランで好物のブドウ酒を飲んで、ホロ酔いきげんでタクシーに乗り、百万円を置き忘れたらしい。何某さんと何某運転手には、お礼にそれぞれ十万円が贈られた(以下三行略)』》

この事件は一九七三年のことで『佐野繁次郎展』図録の年譜にも記されている。結局面白いのは食べ物の話ではなく人間の行状なのだ、という結論になるようである。

ついでながらカバー装幀装画は『夕刊フジ』連載時から挿絵も担当していた山藤章二。雁と貝。合わせると「贋」になる。

[PR]
by sumus2013 | 2017-01-18 21:05 | 古書日録 | Comments(0)
<< 和讃 特集・練馬区関町 >>