林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


同心草第十号

f0307792_20110681.jpg

『同心草』第十号(同心草舎、一九二六年一一月一七日)。編輯並発行者=代道夏二/大阪市住吉区天王寺町六一二 高羽貞夫。執筆者を挙げておく。木水彌三郎、北富三郎、坂梨旅人、寺澤文子、馬淵さち子、島田とし、杜人、佐々木ウタコ、代道夏二、梶田末子、尾形渓二郎、音見昌夫。そして版画が高羽貞敏、鷲尾吾一、凸版が北富三郎。

発行者の高羽貞夫は歌人のようだ。以下の著書がある。

『昼の月』(同心草舎 1929)
『新選現代短歌抄』(裕文館書店 1942
『御歴代御製謹抄』(裕文館書店 1943)
『同心草 第1』(同心艸舎 1953)
『月下 歌集』(同心艸舎 1953)

木水は生田耕作による再発見で知られるが、下記のような詩人。

木水彌三郎さんがいた

北富三郎は挿絵画家として活躍していたようである。版画の作者二人のうち鷲尾吾一はこんな絵本も描いていた。

絵本「ヒカウキ」鷲尾吾一画/綱島草夫文 綱島書店 昭和16年

高羽貞敏の版画がなかなかいい。名前からして高羽貞夫の兄弟か一族だろうが、何もヒットしないところを見ると早世したのか?

「後記」に『同心草』を置いてくれている所として下記の店舗が挙がっている。

 柳屋
 新生堂
 三木書店
 波屋
 北村書店
 今井書店

また《わが友音見昌夫、奥田俊郎、児玉笛麿、加藤雄也の四人が同人となつて文芸雑誌『椎の木』を十一月初旬に出す。》ともある。これは第一次『椎の木』である。

なお雑誌名「同心草」は唐詩からとったと思われる。薛濤(せつとう)「春望詞四首 其三」。

 風花日將老
 佳期猶渺渺
 不結同心人
 空結同心草

f0307792_20105724.jpg
高羽貞敏


この雑誌は今年の古本買い初め。ひいきにしている某店にて。資料を熱心に見ていると、七十代くらいの男性が声をかけてきた。
「建築やインテリアの本はどの辺りです?」
小生、誰が見ても客にしか見えないと思うのだが、まあ、いいや。
「あちらで訊いてください」
と答えるとご主人がレジから出てきて「このへんとこのへんですかねえ」などと説明しはじめた。男性はそれだけかというような軽い落胆の様子だったが、おやッという感じで一冊の古い函入の本を引き抜いてこう言った。
「これ、僕が出版したんですよ」
「へえ、そうなんですか!」
と驚いてみせる店主。値段を確かめた男性は
「余所の店では一万五千円くらいはついてるけどなあ……」
ちょっとだけ心外そうな声で。
「それなら一万五千円にしときましょか」
とぼけた店主の答えに聞き耳を立てているこちらは内心苦笑。
「ネットではもっとしているときもあるんだけどねえ」
などとブツブツつぶやきながら男性はたち去った。

入れ違いに二十代前半と思われるカップルが入って来た。男性が誘ったようだった。その彼氏は入ってくるなり
「いい匂いだなあ」
とつぶやいて、女子の方に同意を求めた。
「そうだろ?」
女子は納得したような表情ではなかったが、かるくうなずいたようにも見えた。二人は中央の棚をぐるっと回り、古書の匂いを嗅いだだけ、ものの三分と居らずに出て行った。

「いろんなお客さんが来ますね…」
支払いをしながら話しかけると、店主は軽く微笑んだ。


[PR]
by sumus2013 | 2017-01-14 21:19 | 古書日録 | Comments(0)
<< 黄いろにうるむ雪ぞらに 無花果珍寶EACH萼秘寶展観 >>