林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新語新知識付常識辞典

f0307792_19432932.jpg

『新語新知識付常識辞典』(大日本雄弁会講談社、一九三四年一月一日)キング新年号別冊付録。質問・回答形式で新しい言葉を説明している辞典。問答のない用語解説欄も充実している。某氏より恵投いただいた。深謝。

八十年以上を経ていまだに生きつづけている言葉もあれば、意味が変った言葉もあり、とっくに死語となっているものもある。言葉すなわち歴史である。

生きている言葉は多いので省略して死語について。たとえば【フーピー】、馬鹿騒ぎ・乱痴気騒ぎのことで《近頃盛んに使われる》としているが(米国映画「フーピー」に由来)、さすがにもう使われていないだろう。もうひとつ「パリ」というのも聞き慣れない。

《【パリ】素晴らしい。『パリだ』、『パリなスタイル』という風に。花の都パリから出た言葉。》

ひょっとして「パリッとしている」のパリって擬音語かと勝手に思い込んでいたのだが(ヤフー知恵袋では擬態語説)、このパリからかも?

【O・S】古臭い姿、オールド・スタイルから。『あいつと来たら、ちつともゆうづうが利かないんだ』『O・S人種だからね』というふうに使うのだとか。「OB」はまだ使われるかもしれないが「O・S」というのは知らなかった。

【山猫会社】これも初耳。インチキ会社のこと。かつてアメリカに《山猫の会社を起こしたい。山猫の皮は使ひ道が多い。山猫を飼ふには鼠を飼へばよい。鼠は矢鱈に殖える。その鼠の食物には猫の皮を剥いだ後の臓腑をやればよい》というような広告を出した会社があったらしい。実際にはそううまく行く筈はないというところから。

【適齢期】、これは兵役や学業に適する年齢をいうものだったが、この時代には「結婚適齢期」という表現が使われ始めている。

【アップする】隠語で、強奪すること。……ホールド・アップですな。ブログをアップするというのとは少し違う。

【ルビつき】ルビとは振仮名のこと。転じて子供を背負うた女。

【ヌーボー式】つかみ處のない不得要領の人。……「ヌーボーとした」というような表現は聞いたことがあるが「式」がついていたのか。

f0307792_19433327.jpg


変らない(いや、もっとヒドくなっている)のはこちら。

《【問】日本で公債及び社債はどの位発行されて居りますか
【答】一口に公債と申します中には、国債と道府県市町村債の所謂地方債とがありますが、国債は昭和八年九月末現在で、外国債即ち外国で発行したものが十四億二千百二十一万一千円、内国債即ち内地で発行したものが五十九億八千四百四十九万一千円、合計して国債が七十四億五百七十万二千円》

《近年歳入不足の為政府は公債を増発するし、事業会社も事業拡張の為社債を相当繁く発行してゐますから、公債も社債も増加する一方です。》

昭和八年度の国家財政は二十二〜三億円規模のようだ。

2014年(平成26年)3月末の国債等残高は998兆円となっており、保有者の内訳は、金融仲介機関587兆円(構成比58.8 %)、一般政府・公的金融機関88兆円(8.9 %)、中央銀行201兆円(20.1 %)、国外84兆円(8.4 %)、家計21兆円(2.1 %)、その他17兆円(1.7 %)となっている。2014年(平成26年)3月末時点の日銀の日本国債保有残高は201兆円で、過去最高を更新しており、保有者に占める日銀の割合は20.1 %で最大の保有者となった》(ウィキ「日本国債」より)

今、日本の国家予算はおよそ100兆円(税収40兆円)。昭和八年などとは比較にならない借金地獄ではないのかな……。

[PR]
by sumus2013 | 2017-01-10 20:56 | 古書日録 | Comments(0)
<< 瀧口修造・岡崎和郎二人展 詩集 瓔珞 >>