林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
2008年に亡くなられて..
by sumus2013 at 14:51
水雀忌でしたか。 忘却..
by Iwata at 12:23
それは楽しみです!
by sumus2013 at 08:06
書評の中に書いてくださっ..
by kinji今村 at 08:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


吟意厭聞狂語鶯

f0307792_19554403.jpg


 [閑中□古]
  吟意厭聞狂語鶯
  早梅時節試閑行
  一竿漁思香魚佳
  半帽1光野鴨声
  草長須史原燎侵
  雪鎔分外閘波鳴
  煙霧未留多年菅
  触眼物華心易驚
   2詩家清景花新春 松奉弘 [□弘][子□]


一見読みやすそうなのだが、不勉強のせいで読めないところ、いちおう読んでみたものの自信のもてないところもまだまだある。御教示を。


あまり気は進まなかったのだが、先日、久しぶりにがん予防センターで検診を受けた。検便は持参。胸部と胃部のレントゲンを撮った。これらの検査はあまり役に立たないという評価もあるようで、そのせいでもないだろうが、受付から始まってスタッフ(すべて若い女性)の接客が至れり尽くせりという感じだったのは意外だった。二十年ほど前に一度同じ場所で検診を受けたのだが、そのときはそんな空気ではなかった。建物もすっかりホテルのように新築されているし……。

胃部の撮影の前にメニューが出た。バリウムに味付けが何種類か用意されているという。オレンジ、グレープフルーツ、バナナなど……。今年からだそうだ。ちょっと迷ったが、味付けなしを選んだ。例によってグイングインと動くベッドの上でジタバタさせられて、とにかく終了。部屋を出ると待ち受けていた淡いピンクの制服を着た女性が洗面台へと誘って手や口を洗いなさいという(白いバリウムが付いていた)。そして下剤二粒と紙コップを差し出して「下剤とお水を三杯のんでください、バリウムは体内に残ると固まって危険なこともありますからね」と言いつつ自らウォーターサーバーから水を三分の二、お湯を三分の一ていど紙コップに注いで渡してくれた。ぐいと飲み干す。するとまたもう一度ぬるま湯カクテルを作ってくれる。
グイと飲んで
「バリウムは意外とおいしかったですよ」
などと愛想を言ってみたら
「あら、じゃ、またぜひいらっしてくださいね」
とニッコリしながら三杯目のコップを渡してくれた。
「はは(笑)」
外へ出ると日もとっぷり暮れてスナック予防というネオンが赤く灯っていた……わけはない。


なせ医師はバリウム検査を受けない?




[PR]
by sumus2013 | 2016-12-29 21:12 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)
Commented at 2017-01-02 21:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2017-01-02 21:27
本年もどうぞよろしくお願いいたします。1は渓ですか、なるほど。2は曜の羽のないような崩し方ですね。今年も精々お目にかけるにふさわしいものを掘り出したいものですが、いかがなりますやら。
<< 粟津則雄コレクション 岩淵龍太郎先生を偲んで >>