林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
2008年に亡くなられて..
by sumus2013 at 14:51
水雀忌でしたか。 忘却..
by Iwata at 12:23
それは楽しみです!
by sumus2013 at 08:06
書評の中に書いてくださっ..
by kinji今村 at 08:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


南部支部報51

f0307792_19513245.jpg


『南部支部報第五十一号』を頂戴した。(二〇一六年一一月二五日【これは奥付記載で実際は一二月二四日発行】)感謝です。

『南部支部報第五〇號』

本号の読みどころは「南部支部座談会」。参加は日月堂、風船舎、ほん吉のみなさん、司会が月の輪書林・九蓬書店さん。市場での葛藤などが語られていて非常に面白い内容である。また「編集後記」に月の輪さんが荒戸源次郎さんについて書いておられる。十一月七日に亡くなられた。享年七十。

《一九八〇年の酷寒の二月、ぼくが荒戸さんの下で現場を駆けずり回っていた頃、ずいぶん「大人」に見えたけど三十三歳という若者だったんだなぁ。「ツィゴイネルワイゼン」の撮影隊の合宿所は鎌倉材木座にあり、ぼくは美術助手としてそこで撮影につかう蟹を大磯までつかまえに行ったり(木村有希演ずる瞽女の股の間から出てくるシーンにぼくの蟹が登場します)、桜の花びらや灯籠をつくったり、風呂場で蚊帳を緑色に染めたりと、朝から真夜中まで働きどおしだった。合宿所には一年間はゆうに寝泊りしていたと思っていたけれど、当時のメモ帖を開くと撮影はわずか二ヶ月という短さだ。メモ帖がウソをつくはずがないのに信じられない。》

そうだったのか。二〇〇八年八月に太秦で生田斗真主演「人間失格」を撮影している荒戸監督を月の輪さん、河内紀さんと三人で訪ねたときの情景がはっきり思い出される。映画人の放つオーラのようなものがこちらの肌を刺すように放射していた。ご冥福をお祈りしたい。

荒戸源次郎監督「人間失格」の現場

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-28 20:14 | 古書日録 | Comments(0)
<< 岩淵龍太郎先生を偲んで 創造の原点 >>