林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


気がついたらいつも本ばかり読んでいた

f0307792_17103625.jpg

岡崎武志『気がついたらいつも本ばかり読んでいた』(原書房、二〇一六年一二月一七日、ブックデザイン=小沼宏之)。ここ数日はこの本ばかり読んでいた。面白い! 小生は現存のライターのなかでは他の誰よりも岡崎氏の文章をたくさん読んでいる(上梓の度に恵投してくれるからです)。いつも文章がうまいなあと思うのだが、今回はそれももちろんあるものの、それ以上にその文章をつむぎだす大元にあるセンスの良さ……古本、新刊、音楽、映画、落語、食べ物、都市観察、その他いろいろどの分野においても……を感じた。バラエティブックの形式によってそのセンスがいっそうキラキラ光って見えるように思う。

注目したのは、本書に登場する喫茶店である。岡崎版『喫茶店の時代』を読んでみたいと思うくらい色々な喫茶店が登場している。太字はコラムの見出し。

珈琲とエクレアと詩人:北村太郎が通った小町通の喫茶店
さよなら松明堂書店:鷹の台の画廊喫茶「しんとん」
パレスビル「パレ・アリス」:「パレ・アリス」で『サンデー毎日』編集者とライターの宴会
血のプロント:某所のコーヒーチェーン店「プロント」での椿事
断崖絶壁喫茶店:田端駅前「アンリィ」
中川六平:岩国の反戦喫茶「ほびっと」のマスター
"アラカン"が貫いたまことにあっぱれな人生:キッチャ店の女の子
純喫茶ラプソディ:『東京生活』吉祥寺特集第二特集「東京純喫茶」
アマンドで待ち合わせ:あまりに女子女子していたので「ルノアール」へ移動
放浪書房:鳩の街通り商店街のカフェ「こぐま」
タブレット純:たとえば喫茶店のサービスでついてくるゆで卵
牧野信一の「ハッハッハッ」:西荻の超純喫茶「ダンテ」
瀬戸川猛資:紀伊國屋書店裏に、業界人がよく使う喫茶「トップス」
国分寺名店事情:古色蒼然たる名曲喫茶「でんえん」

どうです、喫茶店の時代がすぐにも書けそうでしょ。思い出したのでついでに述べておくと、国分寺の「でんえん」では小生も絵の展示をさせてもらったことがある。武蔵美を卒業する年だったから一九七八年だろうと思う。知人に誘われてグループ展のようなものに一点出品した。このとき搬入と搬出に「でんえん」に出向いたはず。店の雰囲気はぼんやりとだが記憶に残っている。武蔵美時代には鷹の台(国分寺から二駅目、武蔵美の最寄駅)に住んでいたのではあるが、それほど国分寺については思い出がない。国分寺より新宿の方が親しいくらい。また鷹の台の画廊喫茶「しんとん」というのはまだなかったはずだ。駅前を西へ突き当たったところに「ドリヤン」という洋菓子店と階上喫茶店があった。ここは何度か入った(四年間で何度かだけですが)。松明堂書店ではよく立ち読みさせてもらった。村上龍(武蔵美中退)が芥川賞を獲ったときたしかサイン会があったような気がする。

岡崎氏の本の紹介のはずが思い出話になってしまったが、氏は国分寺在住だからどうしても懐かしい地名が登場するのである。もうひとつ身近な讃岐出身ということで「伝説の真相をつきとめて修正」で砂古口早苗『ブギの女王・笠置シヅ子』を取り上げてこう書いているのも目に留まった。

《例えば、あっけらかんとした大阪弁の印象が強いため、誤解されているが、笠置は一九一二(大正三)年、香川県の生まれ。私生児だった。生後半年で大坂の商家に養子にもらわれていく。》

《自分のものまねでデビューした美空のブギを封じた悪者・笠置という伝説が芸能界に長くはびこっている。その真相を芸能界の暗部に手を入れてつきとめることで、著者は伝説を修正した。笠置と同郷というシンパシーもあろうが、これで「ブギの女王」も浮かばれるというもの。》

笠置は香川県大川郡相生村(現・東かがわ市)生まれ。同じく東かがわ市からはソプラノ歌手の林康子(一九四三〜)も出ている。著者の砂古口早苗氏が同郷だということはやはり同郷のK氏より教えていただいたばかりだった。

《新刊、現代書館から「佐々木孝丸」評伝を出版。過去に「宮武外骨」伝や「笠置シズ子」伝を出版。讃岐人を取り上げています。今回の佐々木孝丸は父が国分寺生で少年時代に香川で過ごしたようです。著者は1949年善通寺生。》

脱線ばかりで申し訳ない、だが、本書は実際このようにさまざまな情報がぎっしり詰まったまさにバラエティブックの鑑のような快著である。


[PR]
by sumus2013 | 2016-12-20 20:58 | おすすめ本棚 | Comments(10)
Commented by 岡崎武志 at 2016-12-20 22:05 x
いつもながらのご厚情、感謝します。喫茶店のことは、指摘されるまで、気づきませんでした。そうかあ、なるほどそうですね。林大兄に取り上げていただいたことで、この本もようやく着地し、報われたという思いであります。
Commented at 2016-12-21 08:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2016-12-21 08:17
岡崎さん、がんばってるな、といつも励みにしてます! 体調だけ気をつけてください。飲み過ぎないように(笑)
Commented by sumus2013 at 2016-12-21 08:56
カギコメさま そうですか、探し出さねば……
Commented at 2016-12-21 09:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2016-12-21 12:21
引越し以来の行方不明物多く、朝から探しているのですが、見つかりません。発見したらいつでもご覧に供します。いずれ機会を改めて。申し訳なく。
Commented at 2016-12-21 14:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-12-21 16:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2016-12-21 21:59
場所・時間などの詳細をsumus_co(アットマーク)yahoo.co.jpまでお知らせ下さい。
Commented at 2016-12-21 22:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 個展終了しました 茗渓堂 >>