「ほっ」と。キャンペーン

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
トビラノ君が還暦になるま..
by sumus2013 at 09:08
右へならえは嫌いだったの..
by sumus2013 at 20:06
花森を論ずるとき、小生が..
by 唐澤平吉 at 20:01
メールが不明で戻ってきま..
by sumus2013 at 17:15
ヴァネッサ・テイト『不思..
by sumus2013 at 17:12
返信さしあげたのですが、..
by sumus2013 at 17:24
深謝です!
by sumus2013 at 19:33
いつも御教示ありがとうご..
by sumus2013 at 21:31
熟練のライブでした。MC..
by sumus2013 at 08:25
16日には、こちらにもみ..
by みなみ at 07:01
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ランプ

f0307792_16415613.jpg


f0307792_16415930.jpg

『書窓』第十一巻第三号;通巻六十五号(アオイ書房、昭和十六年四月十一日)。A4判ふたつ折り四頁。申し込み葉書と郵便払込票が挟み込まれている。川上澄生『ランプ』が完成したということで川西英によるオマージュと柳宗悦、武井武雄、吉田正太郎の感想、そして発行人・志茂太郎の解説が収められている。

f0307792_16420354.jpg
f0307792_16420511.jpg
f0307792_16420890.jpg
f0307792_16421068.jpg

川上澄生『ランプ』は目下こちらのサイトで見ることができる。
http://www.yamada-shoten.com/onlinestore/detail.php?item_id=30192

志茂によれば「ランプ」をテーマに一冊作るというのは志茂の発案だった。ところがあまりにはまり過ぎたテーマだったせいで川上澄生は新味を出そうと苦心に苦心を重ねた。その結果四年以上の年月が費やされたということである。

《川上さんの宇都宮住ひは二十幾年にもならうか。宇都宮は僕には馴染のない土地だつたがランプがはじまつてからといふものゝ足かけ五年通ひに通つたので、ランプのために、すつかり親しい土地になつてしまつた。どの本の時でも同じであるが、出来上つてから振り返つて考へて見ると、よくもかうまで根気よくやれたものだと、吾ながらいつもつくづぐ[ママ]感心する。振返つて苦労を思出したてゐたら、又これを繰返すのかと、やらぬ先から気おくれがして、新しい仕事に出足がにぶる。本造りは、いつも前進前進で、後を振向く事は大禁物と心得てゐる。》

まさにその通り……。そして川西英はランプについてこのように書いている。

《ランプ、洋燈屋、ランプをともした部屋、ガス燈、ガス燈屋ーー総てランプの光に浮上つた美しい華やかな夢の世界で、私もガス燈屋の真似事をして遊んだ事や、ホヤの掃除に困つた事や、豆ランプを庭の石燈籠に入れたりした夕や、また蠟燭立のランプは今なほ停電時の実用として便利に使用してゐる事など、想ひ起して川上さんの魔術にかゝつてしまひました。》

川西は明治二十七年生まれなので花森安治の親の世代に近いかもしれないが、しかしこの文章を読むと、花森のランプ好きの理由が分るような気がしないでもない。また花森は川上澄生の版画が好きだったろうということも雑誌『文明』の表紙などから想像できる。とくにランプは花森にとって「暮し」を象徴する代表的なそして魅惑的な品物であったに違いない。

f0307792_16421603.jpg


f0307792_16421995.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-15 19:47 | 古書日録 | Comments(0)
<< ホテル(ブランション通り) ヴァン・ゴッホの道 >>