林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
「本は宝だ」とある古本屋..
by sumus2013 at 19:31
売れない本はゴミとして処..
by epokhe at 16:01
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大大坂の風景

f0307792_20145926.jpg


「第十二回二科美術展覧会出品/都会風景(一) 國枝金三氏筆」絵葉書。発行元は神田美土代町壹ノ四四美術工芸会発行。第十二回は大正十四年(一九二五)である。国枝の絵葉書は以前にも一枚紹介したことがある。小出楢重や鍋井克三らと親しかったが、彼らほど知られていない。井上靖が『忘れ得ぬ芸術家たち』のなかで取り上げてくれているのが唯一(?)目立つ証言かなと思う。好きな画家だ。

第十三回二科美術展覧会目録

f0307792_20150218.jpg
『日本経済新聞』二〇一六年一二月四日号に「大大坂の風景(上)」という記事が掲載され、小出楢重「雪の市街風景」(一九二五、紙面右上)、国枝金三「都会風景」(一九二四、紙面右下)……これらの二点は二人が教えていた信濃橋洋画研究所のビルから望んだ風景で同じ方角を描いている……そして日本画から池田遥邨「雪の大坂」(一九二八)、高橋成薇「秋立つ」(一九二八)、さらに加えて宇崎純一「スミカズカード」から大坂風景が選ばれている。執筆は中野稔記者。先日、スミカズについて調査のため来宅して小生がいろいろ話をした。《近年展覧会が開かれたり、「大坂春秋」2012年秋号で特集が組まれたりと、再び注目を集めている》と書いてくれたのはありがたい。

ということで、国枝の「都会風景」の別ヴァージョン絵葉書を取り出したわけ(現物、目下は大阪府20世紀美術館コレクションに入っているらしい)。国枝については下記の記事がまとまっている。

国枝金三 くにえだ きんぞう(1886–1943)《中之島風景》

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-07 20:39 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)
<< 島田搬入 映画狂時代 >>