林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
こうなったら全国ツアーで..
by みつづみ at 06:47
「杉山平ーと花森安治」展..
by sumus2013 at 08:17
御刊行おめでたうございま..
by 中嶋康博 at 22:26
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画狂時代

f0307792_20430676.jpg

『文藝別冊 花森安治 美しい「暮し」の創始者』(河出書房新社、二〇一一年一二月三〇日)の津野海太郎「ロゲルギストと花森安治」の文章のなかに添えられた写真である。説明はない(本書の写真提供は土井藍生)。

花森が抱えているのはおそらく十六ミリのカメラだろうと思って検索すると、ボレックスH16というモデルらしいと見当がついた。このゼンマイ式モデルは一九三〇年代から映画学校などで入門用のカメラとして広く用いられたという。ジョナス・メカスも愛用していたという名機である。

f0307792_20430373.jpg
Bolex H16 REX-5


『花森安治伝』によれば花森は早くも神戸三中時代に9ミリ半フィルムのカメラを使って映画を撮り、長篇シナリオを執筆していたらしい。当時、有名だった9ミリ半のカメラはパテベビー(パテーベビー)である。ネット上にたくさん画像が出ているなかからカメラと映写機との画像を借りてきた。

f0307792_20430196.jpg
f0307792_20425811.jpg

神戸三中時代という大正十三年から昭和四年になるのだが、当時はまだ国産のカメラは出回っていなかったようなので、外国製を使っていたに違いないが、これはかなり高価なものだったのではないだろうか?(今すぐ値段が分らないのが残念)

中学生のころ、月々二円五十せんの小づかいで、一冊でも余計に本を買うには、古本屋の、それも十せん均一、二十せん均一の中から、あさるより仕方なかった。猫や羅生門の初版本を十せんで買ったおぼえがある。そういう中でさがしたのは、大ていぼろぼろになっていた。それを子どもらしい智慧で、表紙をはがし、母に端切れをもらって、装幀しなおしたのが、何十冊にもなって、それが病みつきになった。》(装釘集成104頁、初出は『芸術新潮』一九五二年七月号)

当時二円五十銭の小遣いはたぶん八千円程度だろう。とくに貧しいとは思わないが、パテーベビーが買えるほどではないかもしれない。ならば自前のカメラではなく学校にあった(?)機材を使ったのだろうかと思ったりもする。学校にそんなものがあったのかどうか、それは分らない。あるいは裕福な友達が持っていたのだろうかとか、いろいろ妄想にふけっている。


[PR]
by sumus2013 | 2016-12-06 21:38 | 古書日録 | Comments(6)
Commented by 唐澤平吉 at 2016-12-06 22:23 x
昭和30年代の朝日新聞に<きのうきょう>という連載コラム欄があったようで、そこに花森は「もし落ちたら」と題して書いています。中学受験のとき、花森の父親が「もし落ちたら、ほしがっていた写真機を買ってやる」と言ったそうで、この写真機がパテーベビーだったのか、それはわかりませんが、舶来のカメラを買ってもらえるほどの家庭環境だったのじゃないかしら。ちなみに花森は、もっていた古いパテーベビーを編集部の余興の景品として出し、それを河津さんがもらったはずです。
Commented by sumus2013 at 2016-12-07 08:00
なるほど、火事にあった後もそのくらいの余裕は十分あったということですね。おそらく100円(現在の30万円前後)はしたのではないかと思います。
Commented by 唐澤平吉 at 2016-12-07 15:47 x
火事のあと、こどもの花森ひとりだけ数日間、近所の外人宅で世話になっていたという逸話がありますね。当時の長男(嫡男)なる存在は、衣食をはじめ何かにつけ他のきょうだいとは別格の待遇をうけていたようで、いまの平等感覚からすれば、弟の松三郎さんから見ても、うらめしかったのじゃないかしら。
Commented by sumus2013 at 2016-12-07 16:30
正直、甘やかされていたようですね。小学生のころは「ごんた」だったということも書かれていましたが、よほど可愛いがられていたのでしょう。
Commented by 唐澤平吉 at 2016-12-07 21:08 x
そうなんでしょう。小生がこどもの頃、おとな達は「ごんた」を甘やしているふうがありました。いまは「ごんた」がいなくなり、陰湿なワルガキ(表面は良い子ブリッ子)ばかり増えているような世相におもえます。
Commented by sumus2013 at 2016-12-08 08:29
子どもは大人の鏡ですからねえ……
<< 大大坂の風景 ろまん文庫・花森松三郎 >>