林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
「叱咤」の音源が残ってい..
by sumus2013 at 20:31
花森安治の生涯にわたる「..
by 唐澤平吉 at 16:03
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


暮しの手帖とNEW YORKER

f0307792_16510841.jpg

もう少し『『暮しの手帖』と花森安治の素顔』から。「外国雑誌の影響」という章に出ている河津氏の発言。

《河津 そういえば、常盤新平が初期の『暮しの手帖』は『ニューヨーカー』に似ていると語っていましたね。
 北村 我々にも花森は「外国の雑誌は眺めているだけでも勉強になる」といってましたね。》

ということでさっそく画像検索してみた。『ニューヨーカー』の表紙はネット上で多数見ることができる。戦前か戦後すぐあたりのものを中心に探した。たしかに似ていると言えば似ているし、そうでもないと言えば、そうでもない。タイトルが上部にあって表紙一面が絵で占められているという構成は同じだ。しかしそんな雑誌は他にいくらでもある。

ただし、上の『美しい暮しの手帖』第二号(一九四九年一月)と『THE NEW YORKER』一九四七年五月二四日号はかなり似ていると思う第二号に描かれている建物の看板がみんな横文字なのも「どうしたもんじゃろのう」という感じ。実際、占領下の銀座などには英文があふれていたようではあるが、皮肉を込めて(まさか?)。

f0307792_16511283.jpg

この話に関して付け加えれば、『美しい暮しの手帖』第十号(昭和二十五年十二月一日)の表紙には外国雑誌がズラリと並んでいる。創刊からこのあたりまでの表紙は必要以上に(と思えるほど)西洋風の室内が毎号描かれてきた。当時としてはこういうものに渇望があったのかもしれない。装釘集成にも収められているエッセイ「映画の観方」によれば外国映画を見ているときに気になる衣裳や調度品などが登場すると、あわててスケッチしていたそうだ。そういったイメージのストックが積み重なっていたか。ところが第十号の設えは和風あるいは民芸風に変っている。そこに横文字の雑誌をあしらったところが花森流。

f0307792_17143913.jpg

並んでいるのは実在の雑誌名が多い。『VOGUE』『POST』はすぐに分るが、他のタイトルも検索してみると『FORUM』『ETUDE』『FEMALE』『ROOM』『BABY』『THEATRE』(ただし絵の方は『THEATER』)は存在するようだ。『BALLET』はありそうで見つからなかった(もっと掘り下げれば…)。『HOUSE KEEPING』は『GOOD HOUSEKEEPING』なら古くからある。『TAX』は雑誌ではなく本だろうか。『BBOTY』というのも不明。とにかく全くデタラメなタイトルをつけているわけではないようだ。花森の海外情報への目配りをうかがわせる表紙である。

あからさまに洋風室内や器物が描かれなくなるのは昭和二十七年頃から、徐々に国籍不明の図柄になってくる。もっとも最後まで西洋風の建物(街並)や調度品がときおり顔を出す。心からそういうものが好きだったのだろうと思う。なぜか日本の家並は登場しない。一九六九年のスケッチブックには京都の屋根を何枚も描いているが、これらが『暮しの手帖』の表紙を飾ることはなかった。

f0307792_16220988.jpg
神戸元町通り(絵葉書)。花森の少年時代。横文字があふれている。

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-04 20:29 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 唐澤平吉 at 2016-12-04 23:23 x
たびたび闖入して恐縮ですが、小生も花森の横文字の多い表紙には、いまだ疑問です。というのも小生は入社早々「むつかしい漢字や横文字をつかえば文章が高級になると思うな」と編集会議で叱られました。

花森の洋館や横文字好きは、花森が明治に生まれ、神戸で育ったからか、と考えるのが素直な気がしていますが、占領下の日本では、GHQの検閲があったこともたしかで、「まさか」というのも、あながちまちがってはいない、とうがっています。
Commented by sumus2013 at 2016-12-05 08:29
神戸は今以上に横文字の目立つ街だったでしょうね。たしかに、そこで生まれ育ったという影響は無視できないと思います。ファッションに対する寛容さというか自由さも、そのあたりから生じているのかもしれません。
<< ろまん文庫・花森松三郎 花森安治の素顔 >>