林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


これくしょん

f0307792_17090758.jpg

『これくしょん』三冊頂戴した。もらってばかりです。深謝。67号(小林ドンゲ・叢書票、一九七七年八月五日)、71号(富士山 堀口大學・米寿記念詩集、一九七八年一一月三〇日)、75号(堀口大學先生受章記念・秋黄昏、一九八〇年四月一四日)。71号から堀口大學「僕と書物」の一部を引用してみる。

《無数と言ってもおかしくないくらい数多いこれまでの自著中、いま思い出して一番なつかしいのはやはり、大正七年の四月に、籾山書店に発売を依頼し、自分で世話した二百部限定の自費出版、訳詩集『昨日の花』だという事になりそうだ。これが自分の最初の著作物だというだけではなく、印刷所の選定、本文用紙の表紙のクロースの選択、購入、装幀を引き受けてくれた長谷川潔君の装画の彫師、金版[かなばん]の彫金師を探し出したり、依頼に廻り歩いたり、神田の鎌倉河岸にあった製本所へは、何度催促に足を運んだかわからない。内容は、サマン、グールモンを軸に、四五年前から親しみ始めたフランスの近代詩人、十八家の六十八篇を収めている。》

f0307792_19424640.jpg
『昨日の花』函


また75号で大學は「表題あれこれ」というエッセイを書いている。自著のなかでは『昨日の花』がもっとも気に入っているタイトルだと書いてこう続ける。

《さて次に語るこれも訳詩集の表題ですが、今日から逆に数えて五十五年以前、それまでも詩集の表題に、やれ『月光とピエロ』だの、やれ『月夜の園』だのと、やたらにお月さまが好きで、お世話になって来ていたが、この度もやはり、この集を月かげのさやけさで包んで、読書の机上に送り届けたいの一念から、収録の詩人六十六家、作品三百四十篇という大群なので、思案のあげく辿りついた表題が『月下の一群』と相成ったという次第。その当時、まだ若く発足早々の無産の出版者、第一書房の長谷川巳之吉君が、あの時分としては未曽有の豪華本、大版、天金、背皮、七百四十九頁、定価四円八十銭という金色燦爛たる大冊に仕立て、社運をこの一冊に賭けるほど惚れこんだこの訳詩集の魅力の一半は、実に『月下の一群』というこの五文字にあったのではなかろうか。僕は今でもそんな気がしている。

f0307792_20051980.jpg
『月下の一群』函


『月下の一群』……どうして月下なのか、いまひとつ不明ながら、象徴詩を中心とした内容にはたしかに似つかわしいようにも思える。タイトルは大事である、これは間違いない。

とにかく長い書名ってあるもんだ


f0307792_20342195.jpg

そうそう「「これくしょん誌」終刊について」という刷物も同梱されていた。終刊の百号は増頁したので誌代が割り増しになるためその計算書きが付いている。日付は昭和六十一年十一月。「これくしょん」の名称は吾八書房の古書目録として引き継がれている。



[PR]
by sumus2013 | 2016-11-21 20:16 | 古書日録 | Comments(0)
<< 淀野隆三再評価 饅頭本 >>