林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アメリカ人

f0307792_16551154.jpg

村上春樹;文、大橋歩;画『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』(マガジンハウス、二〇一二年七月九日、装丁=葛西薫)。アメリカ大統領が決まったときにたまたまこの本の「ワシントンDCのホテルで」というエッセイを読んでいた。

村上春樹はアメリカに何度か住んだこともあり、個人的なつきあいも少なくないが、アメリカ人について考えるたびにワシントンDCでのある日の出来事を思い出すという。ホワイトハウスの正面ゲートのすぐ近くにあるホテルにチェックインしようとしていた。フロントはあいにく混み合っていた。日本から着いたばかりで早く部屋に落ち着いてシャワーを浴びたかった。列をつくって順番を待ってようやく自分の順番がきたと思った瞬間、白人の男が横から割り込んできた。

《ピンストライプのスーツに派手なネクタイをしめた、いかにも右派のロビイストみたいな、堂々たる体躯の中年男だった。
 「すみません、僕が先に並んでいたんだけど」と言うと、彼は「あんたはそっち側に並んでいただろう。俺はこっち側にいたんだよ」と言い張る。でも人々はフロントの前で自然に一列になって順番を待っていたのであって、そんなの理屈にもならない。でも男は僕の言い分を相手にもしない。すると僕の後ろにいた白人の男が「いや、あなたはよくない。こちらのジェントルマンはずっと列をつくって順番を待っていたんだ。そんな風に割り込むのはフェアじゃない」と僕のために抗議してくれた。
 でもその人は小柄で、痩せて、眼鏡をかけていて、どう見ても押し出しが弱い。公立高校の歴史の先生みたいにしか見えない。ロビイストはじろっと彼を睨みつけ、鼻で笑って黙殺し、そのまま先にチェックインしてしまった。僕とその人はあきらめて、お互いに首を振った。その手の人物に道理を説くのは、動いているブルドーザーを阻止するよりもむずかしい。「すまなかったね。アメリカ人がみんなああじゃないんだ」と彼は言い訳するように言った。「もちろんわかっています」と僕は言った。「日本にだって、ろくでもないやつはいっぱいいますから。とにかくありがとう」。そして僕らは握手をして別れた。》

村上春樹はアメリカ人について考えるときに常にこの二人を思い出すという。今回も思い出したのかな……それにしてもこれはフロント係がさばかなきゃいけないんじゃないの?

[PR]
by sumus2013 | 2016-11-14 16:55 | 古書日録 | Comments(0)
<< ツルニャンスキー 古本海ねこ古書目録 >>