林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マザリナード集成

f0307792_19475084.jpg
パリの学士院とマザリーヌ図書館


東京大学の総合文化研究科駒場博物館で開催中の特別展「東京大学コレクション『マザリナード集成』」をご覧になった某氏より《結構娯しめました》という報告を頂戴した。パリにしげしげ通っているわりにはフランス史については無知なのでマザリナード文書(LES MAZARINADES)といってもなんのことやら。マザリナードというのだからマザランと関係あるのかな、というくらいの認識だったのだが、某氏の展示について報告を読ませてもらうと、たしかになかなか面白いそうな展覧会である。

ごく簡単に言うと十七世紀中葉、フランス宮廷で権力をふるっていた宰相マザランの三十年戦争などにともなう重税政策に業を煮やした貴族および民衆による反乱が起こった。それがフロンドの乱(La Fronde, 1648-53)である。その時期に、両陣営から様々な文書が出版され、それがまた大受けして類似書が多数出版されたそうだ。ポン・ヌフあたりの行商人の本屋がそれらを販売しており初刷は二〜三百部で版を重ねて千部を超えるものもあったとか。マザラン自身もそれらの文書を蒐集して、読みながら朝食をとったのだとか。マザランと関係なくてもマザランとタイトルに入れれば売れたというから人気のほどは察せられる。マザランは何度も国外へ逃亡をはかりながら(といってもイタリア人なのだが)最後には王党派の勝利となりルイ十四世の絶対王政が開始されることになった。ある意味、フランス革命の序章というか、その種が播かれたということなのだろう。

詳しくは東大のサイトなどをご覧いただきたいが、その文書が具体的にどんな姿なのか、国際マザリナード文書研究サイトには画像つきのカタログページもある。ごく一部、マザランの名前が見えるタイトルページを引用してみる。

RECHERCHES INTERNATIONALE SUR LES MAZARINADES


f0307792_20212372.jpg


f0307792_20211928.jpg


f0307792_20211702.jpg


f0307792_20211470.jpg

東京大学コレクション『マザリナード集成』

ところでどうして東大に大口コレクションが入ったのかというと某氏のメールにはこうあった。

《東大のコレクションは丸善の斡旋で、昭和の末に国庫補助を得て四千五十万円でオランダの古書籍業者から一括して買い入れられたものだが、この国費負担予算が通ったのは当時の貿易黒字問題解消を図るための国策の一環だった由》

貿易黒字解消とはなつかしい響き。一九七八年購入というからバブル前夜ではあるが、一ドル200円を突破したと騒いでいたまさにその時代の遺産であったか。買い入れ以来誰も手をつけていなかったものが、何十年かを経て今ようやく陽の目を見ているというわけだ。何でも買えるときに買って取っておくものだなあ……。


[PR]
by sumus2013 | 2016-10-28 20:41 | 古書日録 | Comments(0)
<< 第40回記念秋の古本まつり 添水句集 >>