林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
こうなったら全国ツアーで..
by みつづみ at 06:47
「杉山平ーと花森安治」展..
by sumus2013 at 08:17
御刊行おめでたうございま..
by 中嶋康博 at 22:26
本文用紙も上質にしました..
by sumus2013 at 11:29
林さん、いい仕上がりにな..
by 岡崎武志 at 08:42
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


花森集成の表紙まわり

f0307792_19392906.jpg

先日ご案内いたしました「花森安治装釘集成」につきまして。
色校正に手間がかかり、当初の予定より20日程度遅れて、今月25~26日頃出来となります。ご予約の方には、本ができ次第、今月末までにお送りいたします。今しばらくお待ちくださいませ。

★★★
引続きご予約受付中!
花森安治装釘集成
唐澤平吉・南陀楼綾繁・林哲夫 編
2016年11月25-26日頃出来
B5判並製282頁 収録タイトル500点超 カラー図版約1,000点
税込定価 8,640円(本体8,000円+税640円)
ISBN978-4-86426-033-6 C0071
林哲夫伯のblogにビラ、束見本、ゲラ画像の掲載あり。
みずのわ出版
〒742-2806 山口県大島郡周防大島町西安下庄、庄北2845
Tel/Fax 0820-77-1739 mizunowa@osk2.3web.ne.jp

::::::::::::::::::::::::::::::

普通なら今から表紙まわりの意匠を考えるのだが、今回はいくつかの理由で進行予定が後ろへずれ込んだ分だけ装幀案も早くできていたので、表紙まわりのデータも同時に入稿した。

カラーボールを並べてあるのが帯になる。この図案は花森安治のカレンダーのデザインを借用している(本書にも収録)。といってもコピーしたのではなく小生が同じような手順で再制作したもの。文字の扱いをどうするか決めかねていたため、ちらしに掲載した書影と違ってしまった(ちらしはブックフェアーに間に合わせる必要があったのです)。この点はお許し願いたい。

表紙の方は文字だけにした。花森安治の装釘はおおむね賑やかで装飾的な作風なのだが文字だけ(あるいは文字と囲みケイだけ)のストイックな意匠にも創意工夫が見られる(とくに表紙や扉、目次と奥付も)。むろんその中間的、折衷的な図案も少なくはない。この花森流の裏と表の使い分けを暗示するように、表紙はストイック、帯は華やか、という構成にしてみた。

あとは最終的なチェックと色校正を残すだけとなった。いましばらくお待ちください。

f0307792_14002400.jpg
表紙まわりの校正刷が届いた(十月二十日)。アート紙に刷られているので紙の色味が実際よりも白い。本番はヴァンヌーボという紙を使う。文字や図柄の位置だとか、色味のチェックをする。大きな問題はないようだ。

本文全体にわたって最後の色校正中(十月二十四日)、これが終わればいよいよ印刷にかかる。

本紙校正が届く(十月二十七日)。二枚あるうちの上に置いているのが本紙(モンテシオン)。下になっているのは刷り出し用のアート紙。アート紙の方が細かいトーンはきれいに出るが、テカッとしていて趣に欠ける。モンテシオンはさっくりとした風合いと手触りがいい。ただしインクの吸いがはげしいため印刷には細心の注意そして技術が必要である。山田写真製版所なら安心だ。

f0307792_16544808.jpg


f0307792_16544635.jpg

***


誠光社、ホホホ座、古書善行堂でもご予約いただけます!



[PR]
by sumus2013 | 2016-11-12 09:07 | 装幀=林哲夫 | Comments(2)
Commented by 唐澤平吉 at 2016-10-14 13:21 x
この表紙とカバーのデザインをみて、小生はつぎのように林さんの思いをうけとめました。まっしろな表紙からは<敬虔>、たのしげなカバーからは<親愛>。かってな解釈かもしれませんが、小生はとてもうれしくおもい、花森安治もきっと満足するとおもいました。
Commented by sumus2013 at 2016-10-14 18:59
唐澤コレクションあっての集成です。ほんとうにご苦労様でした。
<< 古本海ねこ古書目録 若冲 >>