林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本朝千字文

f0307792_20323037.jpg

『素読本朝千字文』(敦賀屋九兵衛=大阪心斎橋南壱丁目、巻首には「書坊松村文海堂」とある、刊行年不詳)某所の均一台より。表紙がなくなっており、本体だけをこよりで綴じてある(こよりには活字が印刷されているので、明治以降に綴じ直したものと思われる)。貝原益軒の遺稿だそうだ。安永四年(一七七五)刊の『本朝千字文』(大阪茨木町:書物屋久蔵)は漢字四字がずらりとならぶまさに千字文と同じスタイル(四文字×二百五十)なのだが、本書はもっと誰にでも読めるようにそこに解説(傍註=戸川後学)と挿絵(十八点、無署名)が付されている。子供向けの歴史と漢字の教科書のようなものだろう。

《此書ハ旧[もと]貝原先生の草稿匣に遺り存し日本天地開闢より今代に至までの故事をあつめ人の善悪世の盛衰移り変に随ひ其次第を序で千文となしぬ花韻字を押[ふま]ずといへども同字をはぶき初童の便りとす》

f0307792_20322621.jpg
日本武尊


f0307792_20322573.jpg
足利義満と金閣


f0307792_20322344.jpg
雪舟とネズミ

《雪舟ハ備渓斎[びけいさい]と称ず
 幼稚[おさなき]より出家なりしが生
 れながらにして
 画を好む師の僧
 是をいましめんと
 柱にしばり付置
 給ふを足の爪
 さきにて縁
 板へ鼠を画出
 しかバ其鼠
 あらハれ出
 雪舟が縄を
 くいきり
 たすけし
   とぞ》

この逸話について詳しくはこちら→「雪舟、涙で鼠を描く」。


f0307792_20322169.jpg
狩野古法眼


古法眼は狩野元信のこと。狩野派二代目。漢画と大和絵を融合させた狩野派スタイルを確立したとされる。古法眼が衝立に木芙蓉と猫の絵を描いたらそこに蝶が飛んできて花にたわむれた、かと思うと絵のなかから猫が飛び出してその蝶を追いかけた……(これに似たようなリアリズム伝説は他にも聞いた覚えがあるなあ)。それにしても絵描きが二人も挿絵になっているのは意外であった。

[PR]
by sumus2013 | 2016-10-11 21:37 | 古書日録 | Comments(0)
<< 風とともに生きる 乳房の神話学 >>