林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


凶区

f0307792_20022182.jpg

f0307792_20130432.jpg


『詩学』第二十巻第四号(詩学社、一九六五年四月三〇日、表紙・扉カット=宇野亜喜良)宇野表紙の詩学はやはりひと味違う。この号は凶区特集ということで巻末の四十頁を凶区同人に開放している。

凶区という雑誌があった

本誌「〈凶区〉解題 私たちはどこへ行くか?」によれば

凶区〉という誌名は、まず形態として、私たち10人の意識の領域が互に重なり合うある空間の位置に、偶然に貫かれた真空の通路を通って、浮かび上つて来た。
 そこでは細胞分裂した二つの×が、一方が閉ざされずにいるために不完全に見えるある囲われた空間に不安定に漂つている。二つの×は、また互に出会うためには、ひどく曲りくねつて複雑な経路をたどらなければならないと考え、とまどつているかに見える。》

《また、この二つの象形文字は、互に結び合され、各部分を緊密に接合した強固な力強い姿で、表紙に印された。ここでは、あるいは不吉なバリケードの形が連想される。それは私たちの世界の到るところで、境界し、隔離し、拒否し、悲惨と不幸とを囲いするものの形に似ている。》

f0307792_20022722.jpg

『詩学』内『凶区』の表紙。デザインは桑山弥三郎。タイポスという書体で一世を風靡したデザイナーである。『アンアン』『ノンノ』の本文に使われて大ヒットした。この《これが凶区だ!!!》の書体もタイポスだろう。

本誌掲載の「凶区日録」がメチャ面白い。一九六五年とはこういう時代だった。

《■2月27日 吉原幸子詩集出版記念会へ高野山本、渡辺出席。詩学の嵯峨氏より、凶区特集の依頼をうける。吉原のジャングルブギで幕切れの後、三人はコージーコーナーで彦坂に会う。高野渡辺は〈背後の人〉〈美しさと哀しみと〉の深夜興行を見る。天沢、満員のボナパルト館で〈ゴールドフィンガー〉をみる。米政府へベトナム白書で北ベトナム爆撃の正当性を主張。

天沢退二郎はパリにいたようだ。アンリ・ミシヨオ展やヴオルス展を見てジユリアン・グラツクを訪問、ゴダールの短篇映画をまとめて見たりしている。

《渡辺の部屋へ行き赤塚不二夫のマンガをたのしむ。〈まかせて長太・X1号ハツシユルしてくんろの巻〉に感動のあまり、三人にデカパンのズーズー弁がのりうつつたまま徹夜ダイスをする。ハツシユルしたが高野がわずかに勝つただけでさつぱりダミだつた。シエーツ!

■3月18日 6号ができて発送のためルオーに、山本藤田高野渡辺彦坂集る。藤田(仕事のため泣き泣き)帰つた後、四人は吉田画廊の〈井上洋介ナンセンス展〉に行く。山本、旧友吉田照子にめぐりあう。桑山が、長倉、伊藤(両人ともデザイナー)と一緒に来る。

■3月27日 〈乗合馬車〉で秋本、彦坂、藤田、高野、山本、野沢、渡辺の在京メンバー全員集る。関西から出てきた正津べん、清水昶の二少年も同席。編集の仕事をしようとしたが、向い側のラ・セーヌで唄つている弘田三枝子の魅力に抵抗できずひきよせられる。2ステージのミコちやんの迫力のなさに一同満たされぬ気分で外へ出て、仕事のことを考えたが、堀川正美の魅力にこれまた無抵抗となり堀川宅へ行く。剣玉に熱中したあと、ゾンデイ・テストなる性格分析テストを全員で試みる。(このテストの興味津々たる結果は秘中の秘として堀川宅に保管されている。

ルオーというのは喫茶店。他にも新宿フランソワ、お茶の水レモン、コペンハーゲン、ヴイレジゲイト、ジヤズヴィレツジ、ローザンヌ、お茶の水明治パーラー、ラドリオなどの名前が登場している。

f0307792_20022526.jpg
表2のコラージュ漫画。「完末附録 凶区同人編集・構成」。


[PR]
by sumus2013 | 2016-09-15 21:08 | 古書日録 | Comments(0)
<< 若冲展墓 他日偶晴 >>