林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


他日偶晴

f0307792_19510740.jpg


割り合いと最近手に入れた掛軸。田能村竹田というふれこみだったが、もちろん在りえない、そんな馬鹿なという贋モノである。だから安かった。竹田にはほど遠いけれども、ちょっと面白いところもある。「憲」というサインに「竹田」印は余計なことだ。

六人の髭の老人が茶で盛り上がっているようす。本箱に肘をついたり、巻物を手にしたり、書画談義に楽しいひとときを過ごしているのだろう。


f0307792_20302252.jpg


f0307792_20302059.jpg


上部の賛(?)は備忘録のようなもの。


 此月偶晴和助病而到洗竹庵
 冨上子間暇及干共淡話数回終執化筆作此
 図冨上子歓喜不斜干共采
 酒杯日暮至干夜鷄鳴不制晨


和助、洗竹庵、冨上子など固有名詞もどうもはっきりしない。この文からすれば洗竹庵の冨上子は医師でもあろうか。画を無心してやっと染筆してもらうことができ、画家とともに朝まで飲み明かした……のんきすぎて羨ましい。

なお、この軸、表具も悪くないし、何より立派な二重箱に入っている。外箱は漆塗り。絵よりも立派なので驚いたしだい。

[PR]
by sumus2013 | 2016-09-14 20:46 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 凶区 童蒙画引単語篇巻之二。 >>